死後の世界、臨死体験、完全に死んだ人の意識と精神… 著名博士が発表した最新研究がやばい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 死を迎えた後、我々はどうなるのか――。ある科学者がこの謎に時間をかけて取り組んでいる。

■死の閾値を超えた人間の精神と意識に何が起こっているのか?

 古来から多くの宗教や思想が死後の世界が存在することを示唆しているが、その真偽のほどは死んでみないとわからないと言えるだろう。

 その一方で、死の淵から生還した臨死体験者が垣間見た死後の世界の“入口”を物語る興味深いストーリーも世界各地で報告されていることはご存じの通りだ。

 死後の世界の研究は一般的なサイエンスの研究対象外となるが、それでもなんとか糸口をつかめないものかと奮闘しているのが、米ニューヨーク大学ランゴーン医療センターのサム・パーニア博士が率いる研究チームだ。

死後の世界、臨死体験、完全に死んだ人の意識と精神… 著名博士が発表した最新研究がやばい!の画像1
「Daily Grail」の記事より

 パーニア博士は2008年から心肺停止患者の臨死体験を収集して分析する「AWARE」と名づけられた研究に取り組み、2016年からは心肺停止が予期される患者に機器を取り付けて脳波などの各種のデータを収集する「AWAREⅡ」の研究をスタートさせている。

 あくまでもサイエンスの立場から臨死体験の研究に取り組むパーニア博士は、昨年9月にヨーロッパ蘇生協会(ERC)が主催するシンポジウム「Resuscitation 2018」に登壇している。「心停止中の意識、精神的および認知的経験(Conscious Awareness, Mental and Cognitive Experiences During Cardiac Arrest)」と題された講演の中でパーニア博士は興味深いレポートを行ったのである。

 まず博士は、医学の進歩により「本質的に死の淵に達した人々を連れ戻すことができるかなり長い時間枠を今我々は持っています」と述べている。心停止後の蘇生技術は着実に進歩しているのだ。

 蘇生技術の進歩のいわば反対側にある、死の閾値を超えた人間の精神と意識に何が起っているのかについての研究に取り組んでいるパーニア博士は、「実のところ“臨死体験”という言葉を使うのは好きではない」と話している。博士たちが対象にしている患者は、正確には“臨死”ではなく、医学的に一度は完全に死んだ人々だからである。しかしながらこの“臨死体験(Near Death Experience、NED)”は、言葉としてすでに一般に浸透していることから、あえて使用するということだ。

死後の世界、臨死体験、完全に死んだ人の意識と精神… 著名博士が発表した最新研究がやばい!の画像2
サム・パーニア博士 「YouTube」より

 そして臨死体験をした各々の患者から死後の世界での体験について話を聞くと、奇妙な一致が多々みられるとした上で博士は説明を行っている。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。