>  > 「この世がマトリックスの可能性は50%」メリルリンチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 この世はリアルかフェイクか――。この深遠な謎をめぐって古来から宗教や哲学、芸術などで数多く解明の試みが行われてきた。そして現在、この謎は「シミュレーション仮説」として科学者たちが挑む謎のひとつにもなっている。さらに昨今、この謎は実業界でも大いに議論されているのだ。


■メリルリンチ「我々の世界は50%の確率で仮想現実」

「この世は技術的にとても進んだ文明によって、微に入り細に入り創られた豊かなシミュレーションソフトウェアである」――。英・オックスフォード大学のニック・ボストロム教授が提唱したこのシミュレーション仮説は、世界中の多くの科学者を触発し今も議論は白熱している。

 科学者だけではない。先日、投資銀行・メリルリンチのシンクタンクが、「我々の世界は50%の確率でシミュレーションソフトである」という驚くべき発言を行っている。いったいどういうことなのか。

 現在はバンク・オブ・アメリカ傘下の投資銀行であるメリルリンチが先日、顧客に向けて配布した経済予測レポートが話題を呼んでいる。レポートでは今後の経済において現在成長がめざましいVR、ARの分野の重要性を特に強調しているのだが、その中で「我々はすでに20~50%の確率でバーチャルワールドに住んでいる」という記述があるのだ。

matrixsimulation1.JPG
Business Insider」の記事より

 さらにニック・ボストロム教授をはじめ世界的実業家のイーロン・マスク氏や天体物理学者ニール・ドグラース・タイソン氏らの言葉を引用して、未来の人類がどこかの時点で過去の人類、つまり現在の我々をシミュレーションする決断を下した可能性があることを指摘している。我々はすでに未来人が作ったシミュレーションソフトの中の存在である可能性が高いというのだ。

コメント

4:匿名2017年5月 7日 05:53 | 返信

この種のシミュレーション世界仮説が暗黙裡に「我々の住むヴァーチャル世界を造り出している文明は、我々と同様の進化・文明史を持ちさらに未来に進んだ人達である」という不思議な前提を何の疑いも無く堅持しているのは何故?

我々とは似ても似つかない全く別の形態の生命が構築したシミュレーション世界という可能性だってあるし、その生命は我々のような文明を何ら発達させていない可能性だってある。
その生命にとってのシミュレーションがその生命の巨大な脳(のような器官)の中で構築された天然のものである可能性だってある。

シミュレーション世界は我々が考えるコンピュータの大規模化、高速化を果たした設備でないと構築できないという前提がそもそもおかしい。

3:匿名2016年10月20日 13:10 | 返信

色即是空 空即是色

50%じゃなくて100%でしょう

2:匿名2016年9月28日 07:24 | 返信

だから、メリルは gs にかなわない

1:匿名2016年9月26日 11:23 | 返信

シミュレーションなら、ケツにイボができたり、体中にじんましんが出て痒くなるような細かい所まで再現しなくてもいいだろ?w
もっと楽な世界にしてくれよw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。