>  >  > 1800年前の「エン・ゲディ文書」ついに解読!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

「International Business Times」(9月21日付)によると、6世紀にイスラエルで起きた大火災で“燃えカス”となったはずの「エン・ゲディ文書(Ein-Gedi)」が、最先端のデジタル処理により現代に蘇ったという。

engediscroll1.JPG
Daily Mail」の記事より


■「エン・ゲディ文書」、驚異の解読方法とは?

 エン・ゲディはイスラエル南東部の死海西岸にある観光都市で、オアシスとして知られている。しかし、もともとは旧約聖書にも登場する歴史ある町であり、1500年ほど前に大火に襲われたときには、この町のすべてが焼き尽くされたと語り継がれてきた。

 だが唯一、奇跡的に焼け残ったものがあったようだ。今から45年ほど前に、考古学者により死海の辺りで、ある巻物が発掘された。なんとそれは6世紀の大火災で永久に失われたと思われた動物の皮でできた巻物がシナゴーグ(礼拝所)跡の聖櫃の中から出てきたのだ。これこそ今日、古代ヘブライ語の旧約聖書写本として日の目を見ることになった「エン・ゲディ文書」だった。残念ながら、火事で黒焦げとなり無理に開こうとすればポロポロと崩れてしまうことから、イスラエル考古学庁は現状のまま保存し、“解読不能な文書”としてきた。

 しかし今回、アメリカの科学者らによる驚異的手法で解読がなされ、「聖書考古学における重大発見」として発表するに至ったというのだ。

engediscroll2.JPG
Daily Mail」の記事より

 米ケンタッキー大学のウイリアム・シールズ教授は、デジタル技術を駆使し、損傷した文書の解読を専門としている。彼の率いる研究チームがオンライン学術論文誌「Science Advances」に発表した論文によると、解読のプロセスは次のとおりだ。

コメント

1:匿名2016年10月 3日 14:20 | 返信

発見自体はだいぶ前なんだな。
テクノロジーの進歩を待ってみるもんだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。