• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 ロンドンにあるローマ時代の墓地から、22体の人骨が発掘された。それらを分析したところ、その中の2体の骨は何と中国人らしい。マルコポーロがアジア文化を初めて西欧に持ち込んだといわれていたが、この発見によれば、それよりもはるか1000年も前に古代ローマには中国人が住んでいたことを示しているのだ。

chinaandrome1.JPG
Daily Mail」の記事より

■古代ローマ帝国と漢王朝

 古代ローマ帝国と漢王朝は8000キロ以上離れた場所に存在していたが、共に強力な古代帝国であった。エジプトを制圧したローマの征服者は、中国との交易が盛んな様子を目の当たりにした。その後も漢王朝は、かの有名なシルクロードを使い、絹、スパイス、その他の贅沢品を西洋に送り、裕福なローマ人たちを喜ばせていた。

 ローマ人にとってその時代の中国は東に位置する神秘的な文明、かつ競争相手であり、中国から来る絹は高く評価されていた(ローマ帝国の政治家でもあった哲人セネカは、中国から来る絹は女性の良識を壊すと批判的であったらしい)。一方、中国人はローマ帝国の「背の高い気取った人々」に強い好奇心を持っていたという。


■英国:ロンディニウム

 このように2つの帝国間には明らかな結びつきがあったにもかかわらず、今まで見つかったアジア系の人骨はイタリアで発掘された成人男性の1体だけであった。

 しかし今回、ロンドン博物館の研究者たちが古代ローマ時代のロンディニウム(Londinium:ローマ人が紀元後1世紀頃に造った交通の要所でロンドンの原型となった)の墓地でアジア系の人骨を2体発掘した。

 また同墓地からは22個の頭蓋骨も発掘され、非常に興味深い可能性が示されている。米ミシガン州立大学の法医学専門家の分析によれば、少なくとも4つの頭蓋骨がアフリカから、 2つはアジアから来た人物のものであることがわかったのだ。またアイソトープ同位体分析を行った結果では、さらに5つの頭蓋骨が地中海から来ていることも解明したという。

chinaandrome3.JPG
Daily Mail」の記事より

 この結果は、ロンドン郊外からテムズ川の南にわたる地域には多くの移民がいたことを示している。これはおそらく中国からの訪問者がこれらの地域に定住し、また彼らがブリタンニア(古代ローマが現在のイギリス南部に設置した属州)の中心で交易業を始めた可能性を指すともいう。

 この発掘研究を率いるロンドン博物館の考古学者レベッカ・レッドファーン博士は、「Journal of Archaeological Science」に寄稿した記事の中で、彼らがどうしてロンドンで死んだのかは不明であるが、以前考えられていたよりも多くの移民がヨーロッパにいたことは確かだと書いている。また博士はその時代インドと中国、そしてインドとローマの間には奴隷貿易があり、墓地で発掘された多くの移民は奴隷、もしくは奴隷の子孫であることが考えられるとも付け加えた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。