>  >  > 世界トップリーダーのオカルト爆弾発言7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 混迷を深めるシリア情勢、ギリシャの財政危機、激増する難民、イギリスのEU離脱、極限にまで進んだ各国の低金利政策、史上最も低俗といわれる米大統領選のゆくえ……。先が見えないこの時代を反映してか、各国、各界のトップリーダーたちの耳を疑うような、あるいはロマンに溢れる(!?)発言が相次いでいる。年末にはまだ早いが、ここで一度総括として世界のトップリーダーたちによる最近の“爆弾発言”を振り返ってみよう。


1. オバマ大統領「15年以内に火星に人間を送る」

7bombshell1.JPG
CNN」より

 NASAによる有人火星探査計画はすでに始まっているが、それを裏打ちするように先日、オバマ大統領が「今後15年以内に火星に人間を送る」という発表をして話題だ。

 8年間の任期満了まであとわずかのオバマだが、キャリアの総仕上げとばかりに大胆でロマン溢れる発言を行っている。今後官民が協力して、火星移住に向けた本格的な取り組みを行う計画があるということだ。“民”とはイーロン・マスク率いるスペースX社のことで、NASAのスペース・ローンチ・システム(SLS)を使って、まずは2018年中に無人の宇宙船を火星に派遣。その後2020年代中に宇宙船に人を乗せて火星に運ぶという計画である。夢の火星旅行が急ピッチで実現に向かっているようだ。

コメント

2:匿名2016年10月23日 16:34 | 返信

まとめましたな

1:匿名2016年10月23日 12:11 | 返信

ニビルなんてねぇよw
宇宙を見ているのは、NASAだけじゃねぇぞw
世界中の専門機関や大学等の天文台や、ものすごく大勢のアマチュア天文家が世界のどこかで必ず毎日空を見張ってるんだよw
もしニビルがあるのならば、必ずどこかから発表があるはずだろ?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。