>  >  > ワープエンジン「EMドライブ」の存在が確定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
emdrive_01.jpg
画像は「Digital Trends」より引用

 これまで散々「不可能」とレッテルを貼られてきた「EMドライブ」。トカナでは、2015年8月にEMドライブの存在を報じた後、編集部で独自取材を開始。JAXA(宇宙航空研究開発機構)に勤務する人物や工学博士などにその実態について聞いていた。しかし、当時は研究者から「そんなものはありえない。ネットのデマ。オカルトだ」と一蹴されるばかりだった。だが、ここへきてその存在がオカルトではなく、真実だったことが明らかになりつつある。

 なんと、NASAが行っていた「EMドライブ」の未公開報告書がリークされ、実験に成功していたことが判明したと「Yahoo USA!」を含む大手メディアが報じているというのだ! 世界中の科学者の嘲笑の的だった科学技術がいま現実のものとなろうとしている――。


■物理法則を完全に無視する「EMドライブ」

「EMドライブ」とは、2000年に英・航空宇宙エンジニアであるロジャー・ショーヤー氏が提唱した新たな宇宙船の推進システムだ。従来のロケットエンジンなどの推進方法とは異なり、文字通り「電磁駆動」に基づき、密閉された円錐状のコーン型容器の中でマイクロ波を反射させることで、噴射剤なしで宇宙船に推力を発生させるというものだ。これが実現化すればわずか4時間で地球から月まで行くことができ、火星までは約70日、そして、これまでの技術では数千年かかるといわれていた太陽から4.2光年離れているアルファ・ケンタウリ(ケンタウルス座アルファ星)までもわずか100年で到着することができるという。

emdrive_02.jpg
ロジャー・ショーヤー氏「Digital Trends」より引用

 これまでにも中国を始め、世界中の研究所で「EMドライブ」の実証実験が行われ、成功してきたが、その仕組みは未だ謎だとされている。最大の問題は「運動の第3法則(ニュートンの第3法則、作用・反作用の法則)=力が相互作用によって生じるものであり、一方が受ける力と他方が受ける力は向きが反対で大きさが等しいと主張する経験則」に反している点だ。通常、推進力はロケットエンジンなどに見られるように、進行方向の反対に反作用が必ず生じる。つまり、噴射剤なしで推力を生む「EMドライブ」は、既存科学の枠組みでは説明できないどころか、完全に否定される原理によって成立している技術なのだ。


■NASAは本気で「EMドライブ」を研究していた!

 11月5日、「The Traveller」と名乗る人物(オーストラリア人のフィル・ウィルソン氏と見られている)が「NASA Spaceflight.com」の技術系フォーラムに、ジョンソン宇宙センターのプロジェクト「NASAイーグルワークス( Eagleworks Laboratories)」の査読前の未公開情報をリーク。すぐに「EMドライブ」に関する機密文書であることが判明し、事の重大さに気付いたフォーラムメンバーが削除依頼を請求している真っ最中だ。

emdrive_03.jpg
The Travellerによる11月5日の投稿「NASA Spaceflight.com」より引用

コメント

3:匿名2016年11月17日 21:14 | 返信

EMエンジンが実用的なものだったとして、光速近くまで加速はできるだろう。
それを「無限ワープエンジン」とか表題にいれてしまうのは、馬鹿丸出しで
かっこわるい。

2:匿名2016年11月13日 05:05 | 返信

検証実験をしていただけで「成功した」とか「原理が解明された」などとは一言も書かれていない。まるで「不死の薬を研究している」と発表しただけで、不死の薬がすでに出来上がっているかのような喜びようだが、実際には「まだ何も出来上がっていない」のが現実。だから「オカルト」「疑似科学」と馬鹿にされるのだ。少なくとも10以上の別の研究者が再現実験に成功しない限り「科学」ではない。しっかりしてくれw

1:匿名2016年11月11日 13:19 | 返信

宇宙戦艦ヤマトは月から火星まで1分で行ったから、まだまだ実用化には程遠いけど

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。