>  > 「イルミナティが表に出る時代」関暁夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

イルミナティ

,

都市伝説

,

関暁夫

――あなたの身の回りにも、妙に謎めいた人や、滅多にお目にかかれない特異な人生経験をもつ人がいるのではないだろうか? このシリーズでは、吉本芸人のカラテカ・入江慎也氏からスタートし、バトン形式で「謎の人物のトラウマ過去」を探っていく!

第1回 カラテカ・入江

 記念すべき第2回は、「信じるか信じないかはあなた次第」でおなじみ、都市伝説の雄・関暁夫。彼のトラウマ体験とはどのようなものなのか、8月に発売された『Mr.都市伝説・関暁夫の都市伝説 6/特製AR動画カード付き』(竹書房)の内容にそって、ノーカットインタビューを掲載する。(第3回/これまでのまとめはコチラ

91EpxjJcDvL.jpg
Mr.都市伝説・関暁夫の都市伝説6』(竹書房)


■関暁夫の情報源は? テレビでしゃべりすぎて怒られたことは?

――関さんのその情報源はどこなのでしょうか?

 みんなに聞かれるんだけど、情報源は日常生活上にあるんだよね。でも人間っていうのはさ、その都度その都度、そこで一生懸命だから、みんな聞き流しちゃうの。で、実は重要な“新しい情報”を受け入れる度量もないから、聞き逃すわけ。俺が言っているようなことは、本当はみんなもどこかで聞いてるはずなんだよ。

――こういうことを「やりすぎコージー」(テレビ東京)など、公共の電波で話してスポンサーからお叱りを受けたことはないのですか?

 テレビで喋れない話をここでしてるわけだろ(笑)? 俺が今話しているのは、ネットだから話してるんだぞ。テレビだから話しているんじゃない。でも、(テレビで喋って怒られたことは)ないよ。だけどそれは勝手に編集でカットするだけじゃん。

 まあ、テレビマン達だってこんだけインターネットも広がって情報があるわけだから、関が言う言動に対してだって、ある程度理解あるわな。否定も肯定もしてないんじゃない? テレビの情報の扱い方だって、たかだか3年前と今ではもう扱い方が全然違うしね


■自衛隊の映像が頻繁に流れるようになった

――たとえば?

army1110.jpg
画像は、ANNより

 一昔前は自衛隊の活動にも、カメラは向けなかったよね。だけど今のニュースはそこに向けるようになった。ひとつのニュースに対して、自衛隊や戦車の映像をよく使うようになっただろ。それだけ時代がもう全然変わってきたんだな。それっていつからですかって言ったら、細かく見てってみ。2013年からゆっくり変わってきてるから。

関連キーワード

コメント

6:匿名2017年2月25日 09:30 | 返信

>>4

テレビ出てんじゃん。馬鹿なのかてめぇwww

5:匿名2017年2月25日 09:29 | 返信

テレビ出てんじゃんwww
馬鹿なのかてめぇwww

4:匿名2016年12月10日 00:13 | 返信

こんなヤツ、テレビに出てるの見たことがない。
テレビで相手にしてくれないからトカナで喋る、の間違いだろ。

3:匿名2016年12月 9日 18:25 | 返信

都市伝説が都市伝説としてオカルト扱いされてるうちは何も問題ないのだろう
たとえその中に偉い人達にとっての不都合な真実があったとしても
怪しいゴシップ誌だったり胡散臭いオカルトサイトだったり
インチキ芸人の飯の種になってるうちはむしろカモフラージュ
真実は誰にもわからないし誰にもどうすることもできない

2:匿名2016年12月 4日 21:22 | 返信

この口調だからなんでもかんでも おぉなるほど ってパフォーマンスになるわけでしょ?わかる?信じるか信じないかはあなたしだい

1:匿名2016年11月28日 11:05 | 返信

偉そうな口調だな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。