>  >  > トランプの娘夫婦はユダヤ。東京は火の海に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ドナルド・トランプ

,

ユダヤ

,

大統領

Trump4reasons_5.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 トランプ新大統領が生み出すのは新世界か、地獄か――。日本時間9日に開票された大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利したことで、世界が混沌としている。“暴言王”と呼ばれるだけあって、選挙期間中は「イスラム教徒の排除」や「メキシコ国境に壁を作る」など、過激発言ばかり。実際にそれらを実行に移したら、とんでもないことになるが、多くのメディア関係者は「あれは単なるパフォーマンス」とキッパリ。

 むしろ、トランプ氏の強みはいとも簡単に前言を翻せることで「今後は状況に合わせて臨機応変に対応していくはずだ。世間の評価もこれ以上下がることはないため、1年後には“良き大統領”になっている可能性もある」(同)という。

 一方で身もフタもないことを言えば、歴代大統領がそうであったように、大統領は「表に出ない人の操り人形に過ぎない」(事情通)。

“表に出ない人”が誰を指すのかと言えば、世界を裏側から操る勢力だ。とりわけ、米国はお国柄もありユダヤ財閥に支配されていると言っても過言ではない。

Jared_Kushner_cropped.jpg
画像は、ジャレッド・クシュナー氏「Wikipedia」より

「選挙戦終盤まで『ヒラリーが勝つ』と言われていたのは、トランプ氏が反ユダヤであると思われていたから。とんでもない話だ。とっくにトランプ氏はユダヤ人勢力、それも最も巨大なロスチャイルド財閥とのパイプを築いている。その証拠に、ラトンプの義理の息子で不動産投資家、新聞社オーナーでもあるジャレッド・クシュナー氏は、正統派ユダヤ教徒。トランプの娘でありクシュナー氏の妻のイバンカ氏も結婚前にユダヤ教徒に改宗している。このクシュナー氏が今回の勝利のキーパーソンだったことは大手メディアも多数報じており、ユダヤコミュニティとトランプの距離を一気に縮めたとも囁かれている」(関係者)

 もはや説明不要のロスチャイルド財閥は全世界の金融を仕切るボス。財閥全体の総資産はマイクロソフト社のビル・ゲイツなど足元に及ばない1京円(1兆の1億倍)とも言われるから恐ろしい。「ロスチャイルド」の名前が出ると、対を成すロックフェラー財閥やフリーメイソンというオカルト系の話になりがちだが、今回はシンプルに考えることとする。

250px-Ivanka_Trump_at_the_2009_Tribeca_Film_Festival.jpg
画像は、イヴァンカ・トランプ

 ロスチャイルド財閥は多くの軍事産業を抱えており「昔から戦争をビジネスにしてきた。同時に世界の“黒幕”という立場で言えば、世界の人口増加に警鐘を鳴らしてきた」とは経済誌ライター。ぶっきらぼうに言えば「世界の人口を減らすために戦争を起こせ」ということになる。

コメント

1:匿名2016年11月15日 13:56 | 返信

人工削減?
人口じゃないのか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。