>  > げに恐ろしき韓国の“恨(ハン)文化”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

朴槿恵

,

死後の世界

Park_Geun-hye_(8724400493)_(cropped).jpg
画像は、朴槿恵

 韓国の朴槿恵大統領がフルボッコだ。ほんのひと月前までは、全てにおいて“守られた”存在だったが、親友の崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑が浮上した途端、メディアも国民も手の平返し。針のムシロ状態となっている。朴大統領は占い師でもある催容疑者に心酔し、同容疑者に言われるがまま、もろもろ便宜を図ったとされる。韓国検察は朴大統領を事実上の被疑者として扱い、事情聴取に応じるよう催促している。

「これまでの歴史がそうであるように、朴大統領の逮捕は免れないでしょう。本人もそれをわかっているので、聴取の先延ばしを求めるなど最後の悪あがきをしています。これに国民は猛反発。米国ではドナルド・トランプ氏が次期大統領に決まり、各国“トランプ詣で”をするなか、韓国だけがお家騒動で取り残された形です」とはテレビ関係者だ。

 国民は今月12日に公称・100万人の大規模デモを敢行。それまで朴大統領の顔色ばかり伺ってきたテレビ局も一斉に醜聞を流しまくっている。催容疑者との異様な親密度から“レズ疑惑”が浮上していることはトカナでも触れたが、それ以外にも整形疑惑や一部で薬物依存まで囁かれているというから、もはや何でもアリだ。
 
 韓国事情に詳しいライターいわく「様々な疑惑が真実かどうかはどうでもいい。メディアを含む全国民が朴大統領を辞任に追い込もうとしている。韓国特有の『(ハン)』の概念に基づく行動原理です」

「恨」は日本語で言う「恨み」とは性質が異なる。最も近いのはコンプレックスで、恨みや悲しみ、怒り、絶望、羨望、嫉妬などの感情が入り混じった概念だ。また「恨」には「すでに諦めている」という大前提がある。例えば、韓国人は財閥の人間に対して強い「恨」を感じており、時にそれが敵意として向けられるが、一方で「財閥に入りたい」という憧れが同居する。
朴大統領の一連の疑惑においても、国民の血税を催容疑者に横流ししていたことに対する怒りと共に、絶大な権力を握ることができた催容疑者への憧れがある。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年11月23日 21:08 | 返信

国政介入
イアンフ!イアンフ!って大騒ぎしてたのも
崔婆の入れ知恵?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。