>  >  > 【悲報】2017年5月15日のメネメネ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 2016年もたくさんの人類滅亡説があったが、それらの危機から逃れ、めでたく正月を過ごした人も多かっただろう。だが、ほっとしたのもつかの間、残念ながら2017年にも滅亡の危機は訪れるのだ。

800px-Jesus-Christ-from-Hagia-Sophia.jpg


■預言者ダニエル

『旧約聖書』にある「ダニエル書」とは、預言者ダニエルの物語が綴られた預言書とされている。紀元前6世紀頃、ダニエルはネブカドネザル王率いるバビロン軍によって滅ぼされた「ユダ王国」から“人質”のひとりとして連れて来られたユダヤ人であった。ダニエルは、絶世の美少年であり頭脳明晰であった。さらに不思議な霊力を持ち、何万年先までの未来を見通す力まであった。その美貌と不思議な能力のため、ダニエルはネブカドネザル王から重用されることになる。

 ある時、ネブカドネザル王は、不吉な夢を見たため、国内のありとあらゆる賢者や占い師などを集めて夢解きを試みた。だが、誰ひとりとして解ける者はいなかった。残虐なネブカドネザル王は、解けなかった者たちを猛獣の檻に放り込んで次々と食い殺させた。そして、ダニエルに夢解きを命じる。以下に、王がみた夢とそれに対するダニエルの解釈をまとめよう。


Nebukadnessar_II.jpg
ネブカドネザル2世

●王が見た夢1「光り輝く巨像」

光り輝く巨像(頭:金、腕と胸:銀、腹と腿:青銅、すね:鉄、足と足指:鉄と粘土)が一塊の岩に打ち砕かれ粉々になり、なくなった……。その像を打った岩は大山となって全土に広がった。

●ダニエルの夢解き

巨像のそれぞれの部位は、国々を差す。
金(バビロニア)、銀(ペルシャ)、青銅(ギリシャ)、鉄(ローマ)、鉄と粘土(ローマ)。
栄華を誇り、驕り高ぶった国は、最終的に神の力で滅ぼされるという歴史を繰り返す運命なのだ。
これらの国を打ち砕く一塊の岩とは、「神の力」であり、やがて「神の国」が永遠に栄えるのだという。 

●王が見た夢2「1本の巨木の夢」

天に到達するほどの“1本の巨木”が天使の命令で切り倒される。

・ダニエルの夢解き

長年の王の奢りの報いで、王が権力を失いバビロンも滅びる。

コメント

9:匿名2017年7月13日 12:56 | 返信

滅亡しましたか・・・?(小声)

8:AREA2017年1月26日 01:48 | 返信

旧暦だとすれば4月20日ですね地場は現在急激に変化しつつあります早ければ3月頃
次の曲はグリニッジ近辺にになるでしょう

7:匿名2017年1月12日 21:08 | 返信

また滅亡とかw暇人かよwww

6:匿名2017年1月12日 21:06 | 返信

また滅亡とかw暇人かよwww

5:匿名2017年1月11日 19:39 | 返信

あと2国がEUから脱退、そしてロシアが加入か?
と言いつつ今年5月に人類滅亡か?とか矛盾しまくり

4:匿名2017年1月11日 11:52 | 返信

五島勉氏の『ユダヤ深層予言』からのほぼ転用みたいな内容が多く含まれているのに参考文献として一言も挙げていないのは何故でしょうか?

一例を挙げるとダニエル書には壁に書かれた文字が血文字とは書いてありません。

「その時、人の手の指が現れて、ともし火に照らされている王宮の白い壁に文字を書き始めた。王は書き進むその手先を見た。」(新共同訳聖書・ダニエル書)

五島勉氏がどこにあるんだか分からない「外典」に基づいてそう主張しているだけです。

五島氏ではなく、そこから安易に転載した別のオカルト本を参考にしたのかもしれませんが、いずれにせよ、参考文献も挙げずにダニエル書から独自に解釈したかのような書き方はどうかと思います。

3:匿名2017年1月11日 04:07 | 返信

なにが滅亡だよアホくさい。
ただのこじつけ

2:匿名2017年1月10日 22:26 | 返信

どんだけ滅亡好きなんだw

1:匿名2017年1月10日 22:21 | 返信

この手の記事のコメントにほぼ大半w付けて書き込む連中か民族のごとく記事名に【悲報】と茶化しや悪ふざけも度が過ぎた単語を入れるのは毎回書いておかないと気がすまないから、人類滅亡を断定しておいて何も無かった2016年7月29日ポールシフトの時もダニエル書を出していたが、今回は可能性のある書き方なので…。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。