>  >  > オスと離れたメス、単独で子どもを産める体に変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

 夫がいなくなって数年、独り身かつ男の影もなかったはずの妻に、なぜか子どもが生まれた――。そんな奇妙な現象がオーストラリアで確認された。もちろん、人間の話ではない。「トラフザメ」というサメの一種の話だ。英国の科学ニュースサイト「New Scientist」が報じた。

ZebraShark.jpg
トラフザメ 画像は「Wikipedia」より引用


■超レアケース! メスが単為生殖に変化

 今回、単為生殖(有性生殖する生物のメスが単独で子を作る現象)を行ったことが確認されたのは、オーストラリアのクイーンズランド州にある「リーフHQ水族館」で飼育されているメスのトラフザメ(Stegostoma fasciatum)だ。トラフザメはインド太平洋全域のサンゴ礁に生息し、絶滅の恐れも指摘されている危急種の一種である。

ZebraShark_2.jpg
画像は「New Scientist」より引用

 話題となっているメス「レオニー」は、1999年に捕獲された野生のトラフザメだ。2008~2012年にかけてオスのトラフザメと同じ水槽で飼育され、何度か産卵し、計24匹の子どもが生まれている。そして2012年、オスが別の水槽へと移されて以降、レオニーは娘にあたるメスと同じ水槽で飼育されていた。しかし2014年、母子ともに産卵が確認される。この時、母親の卵の一部に胚発生が確認されたが孵化はしなかったようだ。ところが、2015~2016年に生まれたレオニーの卵のうち、驚くべきことに3個が孵化したのだ。また、娘の生んだ卵からも1匹が生まれたという。

 実はトラフザメの単為生殖はすでに報告されているのだが、専門家が驚いたのは、レオニーが生んだ卵まで孵化したことだった。オスとの間に子どもを作った経験のあるメスが単為生殖する例は、極めて珍しいのだ。レオニーの娘の処女懐胎も珍しいことではあるが、サメや爬虫類などでは、オスのいない環境でメスが単為生殖することはよく知られている現象だ。かつて同居していたオスの精子がレオニーの体内に残っていた可能性も指摘されていたが、科学誌「Science Report」に論文を発表したクリスティン・ダッジョン氏の調査によると、レオニーの子どもたちの遺伝子から父親の痕跡は見つからなかった。


■理学博士X氏が単為生殖の神秘を緊急解説

 では、単為生殖で子どもが生まれることに問題はないのだろうか。このニュースについて、生物学に詳しい理学博士X氏に尋ねてみた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。