>  > 「AIに勝つには人類のサイボーグ化しかない!」イーロン・マスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 今月12日~14日にドバイで開かれた「世界政府サミット」に登壇した、スペースX社の共同創立者で、電気自動車 のテスラ社のCEOでもあるイーロン・マスク氏が、観衆の度肝を抜く驚愕の発言をしていた。なんと、来るべき未来を生き残るために人間をサイボーグ化する必要があるというのだ!


■AIに勝つためには人間のサイボーグ化が必須

humanaicyborg_01.jpg
イーロン・マスク氏「Daily Mail」より引用

 英紙「Daily Mail」(2月13日付)によると、マスク氏は、AIが人間に取って代わる「危険な状況」が近々起こると予感しており、その状況を回避するためには人間が機械化するしかないという。

「長年、私は生命の知性とデジタルな知性が融合する日がくると考えてきました」(マスク氏)
「問題は処理能力にあります。コンピュータは1秒間に1兆ビットの情報を処理しますが、人間はたったの10ビットです。このままでは、いずれAIが人間を余分なものとして排除する可能性もあります。しかし、高速処理を実現するインターフェースを脳に装着することで驚異的なスピードアップに期待できるのです」(同)

 マスク氏は、このことを本能を司る大脳辺縁系と、思考を司る大脳皮質がそれぞれ共同して機能することにたとえ、大脳皮質の脳神経をデジタル化した身体に接続し、人間を超えたAI - ヒューマンサイボーグになることを提案。さらには、人類が取るべき最良の選択はこれしかないとも語っている。

 これまで人間はAIに対し守勢にまわってきたが、人間の方がサイボーグ化し、AIになってしまえばいいという攻撃的なアイデアだ。たしかに、これが実現すれば人間の知性をはるかに超えた「ディープAI」の出現に恐れる必要もなくなる。

コメント

2:mars2017年10月14日 18:05 | 返信

最初の答え以外はそんなにおかしな解答かな?寧ろ真面目によく考えているように見える。
実際倫理とか習ってなくても困ったことは無いし、人間様がそうまでご立派なら戦争も虐めも無くなっている筈だが、道徳や支配のツールとしてそれらは厳然と残っている。
宗教屋や哲学屋でガッポガッポ成功してる連中は金儲けとマウンティング以外はからっきしバカだから開発陣に入れても邪魔にしかならない、AIに魂が無いとか真顔で言う辺りこいつらこそ魂が無いように思う、それこそ一盛り10セントぐらいで自称神とかいう悪霊に売却済だろう。
思考と擬似感情までほぼ完成しているなら神経伝達物質を再現するアナログ装置を外部インターフェースに組み込んで後は外界との相互関係を構築すれば意識とかは自然発生すると思う。
「魂の挫」だけどこれは人や動物、草木や石に全て存在している、当然ながらロボットや刀のような金属の塊や、人間の脳以外の、胃や肝臓等の臓器も魂は宿ってる。

1:開花神道2017年2月15日 19:20 | 返信

AIの倫理観が怖いんじゃ無くて、AIを開発してる人達の「AIで世の中を変えたろう」とか「AIが人の上に立つ」っていう考えが怖いんじゃなかろうか?

そもそも、人間の倫理やら道徳を確りAIに落とし込みたいなら、宗教家やら哲学者なんかを開発陣に迎え入れる必要か有ると思うんだけど、そんな話は今まで聞いた事も無いからな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。