>  >  > NASA発表から紐解く「トラピスト宇宙人」の姿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント22

 今月23日未明(日本時間)、NASAが大々的に発表した「系外惑星に関する重大な新事実」。それは、太陽系から水瓶座の方向へ約40光年彼方にある赤色矮星「TRAPPIST-1(トラピスト1)」に、地球に似た大きさの惑星が7つも存在し、しかもそのうちの3つは地球型の生命体が存在することができる領域(ハビタブルゾーン)に位置しているというものだった。今回の大発見によって私たち人類は、ますます地球が“奇跡の星”などではなかったこと、さらに地球外生命体が存在しないと考えるほうが無理がある、と宇宙観の刷新を迫られている。

TRAPPIST-1.jpg
トラピスト1系 画像は「NASA」より引用

 今回「7姉妹(Seven Sisters)」と名づけられた惑星たちは、トラピスト1から近い順にトラピスト1b・c・d・e・f・g・hの番号を付与されている。そのうち、ハビタブルゾーンにあるのは「e・f・g」の3つ。これらの惑星は地球とほぼ同サイズ、かつ岩石から形成されており、水が液体で存在することができる温度が保たれている可能性も高いという。それでは、NASAのジェット推進研究所(JPL)が公開した情報を整理し、これら“第2の地球”候補たちの真の姿に迫ってみよう。


■トラピスト1の“7姉妹”、これまでにわかっている素顔

 まず、トラピスト1の惑星たちは、すべて自転と公転周期が一致している。つまり、地球にとっての月と同様、常にトラピスト1に同じ面を向けているのだ。そのため、これらの惑星には常に昼の領域と、常に夜の領域があることになる。さらに、常に昼間の領域で熱せられた大気と、常に夜の領域で凍てついた大気とが対流することで激しい嵐を引き起こしている可能性もあるという。

動画は「NASA Jet Propulsion Laboratory」より引用

 次に、トラピスト1の惑星たちは、すべて太陽系における太陽~水星間の距離よりも狭い範囲を公転している。トラピスト1 e・f・gの公転周期(1年)は6~12日であり、互いの距離も接近しているため、もしもこれらの惑星に降り立てば、ほかの惑星が大空に巨大なサイズで浮かんでいる光景を見られるという。なお、恒星であるトラピスト1は、地球から見る太陽の6倍程度のサイズで見えるようだ。

TRAPPIST-1_2.jpg
トラピスト1dの地表から見た光景の想像図
画像は「Wikipedia」より引用

 また、トラピスト1の実際の大きさは、木星よりも少しい大きい程度。暗い赤色矮星であるため、7つの惑星における昼の日の光は、まるで夕焼けのような赤やオレンジ色だという。NASAによれば、もしも地球と同じような緑色の植物が生えていたとしても、肉眼にはすべて赤や黒っぽい色に見えるだろうとのこと。

 さて、ここまで整理してみると、トラピスト1の惑星たちは地球によく似ているとはいえ、自然環境など異なる面も多いことがわかるだろう。そこで、やはり一番気になるのは、これらの惑星で育まれている地球外生命体の姿だ。もしもトラピスト1 e・f・gに人類と同レベルの知的生命体が暮らしているとしたら、彼らはいったいどのような姿で、いかなる暮らしを送っているのか? トカナ編集部は、専属アドバイザーである世界的な宇宙物理学者に緊急分析を依頼。ついに、世界で初めて“トラピスト宇宙人”の姿をイラストとして示すことに成功した!

コメント

22:匿名2017年4月 2日 18:42 | 返信

宇宙が「生物をランダムに進化させていない」事にそろそろ気付こう!
地球が維持している生物が住みやすい環境は、偶然ではなく
宇宙が生命を生み出す為に、惑星に維持させている枠内を維持しているのだと、
逆に定義するんだ。

いつか、人類が火星を地球化する時に判るだろうが、
火星の質量が足りない内は、外の星からの(物資の)補給が必要で生命が生きるのに適さない。
地球に近い質量に「火星」が達したら、
火星はかつての地球のように自ら、隕石を呼び寄せて必要な物質を集め始める。

人類には、人類にしかできない役割が有り、昆虫にも植物にも動物にも、それは言える。
惑星とは枠星であって、偶然ではなく必然で、生きられる環境が存在するのです。

21:匿名2017年4月 2日 12:04 | 返信

※19

馬鹿にはしてない。馬鹿にしてないからこそ、笑っちゃいけない時ほど笑いを我慢できない状態になっている

20:匿名2017年3月31日 12:18 | 返信

眼球に毛が生えてていいの?

19:匿名2017年3月31日 04:36 | 返信

しっかりとした考察に基づいているので
あながちバカに出来ないよ

18:ピポタマ2017年3月 6日 19:22 | 返信

 良いなぁ~~こう言うの・・・(^^)
 でも、未知なる惑星に住む、我々とは根源が異なる知的生命体の姿を妄想するのは「S.F.」の基本だもんねぇ・・・
 ま、残念ながらこの「トラピスト宇宙人」のイラストでは、なかなかヒット作にはつながらないと思いますが・・・(^^;;;

17:匿名2017年2月26日 10:15 | 返信

爆笑。こういうの楽しいし中身はしっかりしてる

16:匿名2017年2月26日 07:50 | 返信

誰が笑わせろと言ったw

15:匿名2017年2月24日 20:45 | 返信

画伯w

14:匿名2017年2月24日 20:44 | 返信

画伯w

13:kouki /i was glad to see you again in JEDI :)2017年2月24日 19:31 | 返信

何この衝撃的な画像ԅ(¯﹃¯ԅ)
脳裏に焼き付いたまま消えないし、鼻毛がスゴイ。おそらくこの鼻毛が平衡感覚を保つバランスなのか。続報を待つ !

12:匿名2017年2月24日 13:29 | 返信

トカナはその惑星の住人は、地球の二針式のアナログ腕時計をはめていると想像するわけだね。

11:匿名2017年2月24日 12:31 | 返信

このイラストは解説の文章をすべて台無しにしましたねぇー
にしてもセンスなさすぎです、、、書き直し!!

10:匿名2017年2月24日 11:48 | 返信

激しい嵐に耐えられる足って書いてあるだろ、この頑張りを認めてやれよ

9:匿名2017年2月24日 11:20 | 返信

サインペンで描いた間に合わせのイラストが全てを台無しにする。
あとね、昼夜の境目は決して穏やかな気候ではない。
昼夜の気温の差による嵐が吹き荒れる過酷な場所。
まだまだ素人だね、トカナさんは。

8:匿名2017年2月24日 01:16 | 返信

カワイイって嘘やろ……
鼻からアンテナ生やすのヤメーヤ

7:匿名2017年2月24日 01:05 | 返信

かわいい

6:匿名2017年2月24日 00:30 | 返信

ええええええええええええええええ…

5:匿名2017年2月23日 23:58 | 返信

どらえもんじゃねーかよ

4:匿名2017年2月23日 23:41 | 返信

物理学者の考察はそれなりに参考になりそうだな、トカナにしては

3:匿名2017年2月23日 23:32 | 返信

もう、バカ!ワロタわ

2:匿名2017年2月23日 22:21 | 返信

ワロタwww

1:匿名2017年2月23日 21:26 | 返信

知的生命体って言っただろ!(怒)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。