>  >  > 茹でたバナナ汁に「睡眠薬級」の効果!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

バナナ

,

不眠症

,

催眠

,

果物

,

睡眠

,

睡眠薬

茹でたバナナ汁に「睡眠薬級」の効果があった!? 10分でできる超ナチュラル睡眠導入の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 平成27年「国民健康・栄養調査」の結果(厚生労働省)によると、「睡眠全体の質に満足できなかった」と答えた20歳以上の男女はそれぞれ19.3%と21.6%だった。国民のおよそ5人に1人が十分な睡眠を取れていない計算になる。さらに、「日中、眠気を感じた」20代女性は53.9%と過半数を超える結果となっている。

 深刻な不眠症や睡眠障害を抱えている人の中には睡眠薬に頼らざるを得ない人もいるが、「少し寝つきが悪い」程度では手を出しにくい。リラックス効果のあるアロマや音楽などで対処するのが関の山だろう。だが今回、ついに劇的な催眠効果のある超ナチュラル食材が存在するというニュースが飛び込んできた!

 米ニュースサイト「The Indigenous American」(3月4日付)によると、誰もが知る果物「バナナ」を使った「バナナティー」で、至極の安眠が手に入るという。早速、レシピを紹介しよう。用意するのは次の3つだ。

1、無農薬のバナナ(1本)
2、お湯(適量)
3、シナモン(あれば)

茹でたバナナ汁に「睡眠薬級」の効果があった!? 10分でできる超ナチュラル睡眠導入の画像2
画像は「The Indigenous American」より引用

「The Indigenous American」では、100%無農薬のバナナが推奨されているが(理由は後述)、農薬を使用したバナナを使う場合は皮を剥けば良いとのこと。

 調理方法は至った簡単。まず、バナナの両端をカットし、皮ごとお湯で煮込む。10分ほど加熱し、基本的な調理は終了だ。あまりの手軽さに腰を抜かしそうになるが、本当にただバナナを煮込めば良いだけなのだ。これほど簡単なら夜寝る前に作るのもさほど苦ではないだろう。

 シナモンはお好みで、出来上がったティー(バナナ煮込み汁)に加えればよいそうだ。さらに、ティーとともに、バナナの実と皮も摂取すれば効果倍増とのこと。バナナの皮には、睡眠に大きく関わるカリウムとマグネシウムが豊富に含まれているため、睡眠の導入に最適だという。煮出した汁に加え、皮まで食べることを推奨されているため、農薬が使用されているバナナは避けた方が良いというわけだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。