>  >  > アラスカの海底を“動き回る”「超大型UFO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 北太平洋アラスカ沖の海底にとんでもないものが転がっていた! なんと、直径4km以上もある巨大円盤が発見されたというのだ! あまりにも不可解な物体に大手海外メディアから超有名UFO研究家まで大きな関心を寄せている。

 問題の物体は、昨年5月にUFO探求YouTubeチャンネル「SecureTeam10」がグーグルアース上で発見し、UFOコミュニティでは注目されていたが、今月に入り大手海外メディアの目にとまり、英語圏で大きな話題となっているという。

 直径4kmを超える巨大円盤の存在は驚異としか言いようがないが、注目される理由はそれだけではない。信じがたいことに、海底を20km近くも“動いていた痕跡”が残されているのだ。海底ソナーの精度の問題も指摘されているが、「SecreTeam10」は、「巨大な乗り物が海底で動いたかのようだ」とコメントしている。

 ともかく、まずは問題の画像をご覧頂こう。(座標:49.999657, -140.056946)

アラスカの海底を動き回る「超大型UFO」がグーグルアースで発見される! 海外メディア騒然「直径4km、数百km移動した」の画像1
画像は「Daily Mail」より引用
アラスカの海底を動き回る「超大型UFO」がグーグルアースで発見される! 海外メディア騒然「直径4km、数百km移動した」の画像2
画像は「Google Earth」より引用

 如何だろうか? 最終的な判断は読者にお任せするが、確かに円盤が海底を引きずるように移動したように見えないだろうか? 有名UFO研究家スコット・ウェアリング氏のコメントを引用しよう。

「巨大円盤が海底を動き回った跡が残っていますが、これは一部でしかありません。何百キロもひきずった跡が周囲に散らばっています」(ウェアリング氏)

 しかし、実際にこの物体が海底を移動していたかは今となってはわからない。もし動いていたとしても、その目的は依然謎に包まれている。

コメント

3:匿名2017年3月24日 22:43 | 返信

はいはい「知ってた」でしょ。中学生かよw
どうでもいいわ
それより「原理」や「原因」について解明した
記事・論文の一つでも紹介してみせてくれよ

2:匿名2017年3月24日 12:44 | 返信

ニンテンドー3DSにこれに酷似したゲームがあるよ。

1:匿名2017年3月24日 12:41 | 返信

地表でもこういうのあったよ。不思議に見えるけど自然の造形なんだよね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。