>  >  > 今週中にアメリカ史上最悪の大事件発生か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 早いもので4月も第3週がスタートしたが、この1週間はアメリカにとって歴史的に最も危険な週であるというのだが……。


■4月15日から21日まではアメリカの“最もヤバい1週間”

 2017年も早いもので3分1が終わろうとしているが、1年365日の中で任意の1週間が占める割合はたったの2%である。しかしアメリカにとって、1年のなかで最も警戒すべき2%である“最もヤバい1週間”があるという。それが今週、4月の第3週なのだ。

 オルタナティブ系オンラインジャーナル「Disclose.tv」の記事では、今週は不要不急のアメリカ渡航は避けるようにと警告を発している。どういうわけかこの4月の第3週は、歴史的に見るとアメリカ国内で災厄が頻繁に起きる“特異週間”なのだ。では、過去にどんな災いがこの1週間、4月15日~21日に起こっていたのだろうか。


1. 1865年4月15日:エイブラハム・リンカーン暗殺

mostdangerousweek1.JPG
画像は「Wikipedia」より

「最も偉大な大統領」の1人にも挙げられている第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンは、1865年4月14日夜にワシントンD.C.のフォード劇場で観劇中、暴漢に至近距離から後頭部を銃撃され、翌15日に死亡が確認された。満56歳。


2. 1912年4月15日:タイタニック号の沈没

mostdangerousweek2.JPG
画像は「Wikipedia」より

 イギリスのサウサンプトン港から米・ニューヨークへ向けて処女航海に出航した豪華客船タイタニック号。1912年4月14日深夜、北大西洋上で氷山に接触し、翌15日にかけて沈没した。

関連キーワード

コメント

4:匿名2017年4月19日 08:17 | 返信

「早いもので4月も第3週がスタートしたが」って、
しんじ、書き出しがサラリーマンのオヤジレベルじゃん。
やまちゃんの書き出しを見習わなきゃ↓
「時として人は、目を疑ってしまうような光景を目の当たりにすることがある

3:匿名2017年4月19日 05:59 | 返信

それはそれはおめでたいことですねwww

2:匿名2017年4月18日 12:24 | 返信

今年10月中にアメリカ史上最悪の大事件発生か?これまで「10月1~23日」に大事件が起きていることが判明!wwwww

1946.10.1  大邱事件・南朝鮮(当時)の大邱で米軍政に抗議し230万人が蜂起
1777.10.6  クリントン・モントゴメリーの激戦(米独立戦争)
1972.10.11 米空母「キティーホーク」で人種問題により水兵が暴動
1962.10.15 キューバ危機(米ソ核戦争危機)・米海軍がソ連製ミサイルの海上輸送を阻止
1949.10.20 米軍によるフィリピン・レイテ上陸作戦
1983.10.23 レバノン米大使館爆破事件

要するに100年、200年のスパンで切り取れば、4月に限らず何月であっても大事件は起きてるってこと(笑) なのでサンプル数を多くとれば、第一週中とか第二週までにとか都合よく指摘できる。マジレスするようなことでもないとは思うが・・・

1:匿名2017年4月17日 14:29 | 返信

イースターのゴリ押しPRをしんじまでがやるとはねえ。。。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。