>  > 森林専門家「木には感情がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

エコ

,

佐藤Kay

,

感情

,

,

,

植物

 こんな実験をご存じだろうか。同じ環境の中で育った植物を2つ用意し、片方には優しい言葉を、もう片方には罵り言葉を浴びせ育てると、優しく育てられた方は丈夫で成長も早かったのに、そうでない方はなかなか大きくならず、最後は枯れてしまったというものだ。


■「木には感情があり、痛みを感じ、学習し、記憶し、病気の仲間をケアする」

 このように草や樹木に感情があるという説は、生物学者の間では古くから認識されてきた。しかし、それをさらにツッコんで「木は周囲の木たちとコミュニケーションを取っている」と、まさに地べたから考察した本が話題になっている。

「The New York Times」によれば、昨年5月に出版された『The Hidden Life of Trees: What They Feel, How They Communicate- Discoveries from a Secret World(木々の隠された生命の営み)』は、世界中で瞬く間にベストセラーとなり、現在19カ国で翻訳されている。

hiddenlifeoftrees1.JPG
ピーター・ウォーベンさんのウェブサイト 画像は「Peter Wohlleben」より

 著者はドイツ人のフォレストレンジャー(森林警備隊員)ピーター・ウォールベンさん(51)だ。彼は子どものころから樹木に魅せられ、大きくなったら森林環境を守る職に就きたいと思っていたという。

 しかし、林学を学んだ後、1987年にドイツ西部ラインラント=プファルツ州の製材所で働き始めたときは、かなり失望していたと話す。

「山林を伐採したり、切り倒した丸太に殺虫剤を散布したり――森林保護とは正反対の仕事でした。これが本当に自分がやりたかったことなのかと悶々としていました」(ピーター・ウォールベンさん)

 だが、森林エコツアーの引率を任されたことから運命が急展開していく。ツアー客と森深く分け入るうちに、巨木の美しさにすっかり魅入られてしまったのだ。また、同時期に学者チームの調査に同行したことも、木々を荘厳で創造的な生命体として感じるようになったきっかけだという。

 木は二酸化炭素を吸収して酸素を放出し、人間同様に「呼吸」しているが、それだけではない。匂いや味、電気的信号など高度な非言語コミュニケーションを取っているのだ。その名も「Wood Wide Web」。

「毎日が発見の連続でした。木には感情があり、痛みを感じ、学習し、記憶し、病気の仲間をケアすることを知りました。親の木は子どもの木と一緒になって成長するのです。それを知ったら、もう製材所で木を切り刻むことはできなくなったのです」(ピーター・ウォールベンさん)

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年5月31日 09:51 | 返信

素晴らしい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。