>  > 文法ミスを指摘する人は圧倒的に性格が悪い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント16
関連キーワード:

タイポ

,

人格

,

実験

,

性格

,

文法

,

科学

,

言語

,

言語学

 文法ミスを指摘する人は圧倒的に性格が悪いことが最新研究で判明! 文法ファシストのヤバさが明らかにの画像1
画像は「Huffington Post」より引用

 ちょっとしたタイプミスや文法ミスをいちいち指摘されるのは、誰にとっても決して気持ちの良いものではないだろう。英語圏では、些細な文法ミスをこれ見よがしに指摘する人は「グラマーナチ(文法ナチ野郎)」と呼ばれ忌み嫌われている。我が国においても、ネット掲示板やSNSで“言葉の揚げ足取り”を好む人々は「嫌な奴」「内弁慶」と見られがちであるが、なんと、彼らが実際に「内向的で感じの悪い人間」であることが最近の研究で明らかになったというのだ!


■感じの悪い人ほど文法ミスにうるさいことが判明!

 文法ミスを指摘する人は圧倒的に性格が悪いことが最新研究で判明! 文法ファシストのヤバさが明らかにの画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 米・ミシガン大学の言語学者、ジュリー・ボーランド教授らは、人格が言語やその解釈に与える影響、読み手が書き手に下す社会的な判断を調べるため、ある興味深い実験を行った。

「Michigan News」(2016年3月29日付)などによると、実験内容は被験者らにタイプミス(typo)を含む文章、文法ミス(grammo)を含む文章、ミスの無い完璧な文章を読ませ、それぞれの書き手についての印象(知的、友好的など)を評価させるというもの。そして、被験者ら自身の性格を自己評価させた上で、実験で使用された文章のミスに気付いたか尋ね、答えが「YES」ならば文法ミスやスペルミスにうるさい「グラマーナチ」の傾向があると判断されたという。

 実験には83人のボランティアが参加、文章は“同居人募集の広告文”に対する12通の返信メールが使用された。扱われたタイプミスは、make(mkae)やabuot(about)、文法ミスはto(too)、youre(you’re)、it’s(its)など、極めて些細なものである。ちなみに、オンライン科学雑誌「PLOS ONE」に掲載された同論文のタイトル「If You're House Is Still Available Send Me an Email」にも文法ミスが紛れ込んでいるという徹底ぶりだ。

 文法ミスを指摘する人は圧倒的に性格が悪いことが最新研究で判明! 文法ファシストのヤバさが明らかにの画像3
画像は「Deccan Chronicle」より引用

 性別、年齢にかかわらず結果は期待通りのものだった。より外向的な人物の方がミスを見逃す傾向があり、感じが悪く内向的な人物の方が「ミスの多い文章を書く人」を否定的に評価していたという。

「感じの悪い人(人付き合いが悪い人)はより文法ミスに敏感で、勤勉で(お堅く)開放性が低い人はタイプミスに敏感でした」(ボーランド教授)

関連キーワード

コメント

16:匿名2017年10月15日 13:33 | 返信

いやいや、ここから分かることは「外交的な人物ほど文法にいい加減なバカ」ってことだろ。

バカが自分の無能を隠すために、相手を逆におとしめるという手法は恥ずかしい。
この記事のみならず、この調査そのものが無意味。
だいたい「感じが悪く内向的な人物の方が『ミスの多い文章を書く人』を否定的に評価していた」って記事中にあるけれど、「感じが悪く」って誰が判断するの?内向的な人に対する偏見じゃない?

まったくもって非科学的な調査。「ジュリー・ボーランド教授」とやらの学者レベルが知れるわ。

15:匿名2017年8月27日 13:27 | 返信

ここのコメント蘭でブチギレしてる人たちを見ると記事が事実だとわかるな 笑

14:匿名2017年6月17日 21:37 | 返信

※欄にもグラマーナチがいますね・・・

13:匿名2017年6月17日 14:10 | 返信

コメント読んでると指摘する人は確かに細かくて、人の間違いを許さないような心の狭い人のようだ。

12:匿名2017年6月16日 15:27 | 返信

リンク先にある英語の記事を読む限りタイプミスや文法ミスを指摘する人の性格との対応を研究していることはわかります

ただし、日本語の記事では「圧倒的に性格の悪い」や「感じの悪い人である」と「判明した」
と書いてありますが、この時点で不自然です。

そもそも自己の性格について聞かれているのは
オープン性、良心性、外出性、寛容性、や神経学的な特性であり性格の良し悪しと訳せるような内容ではありません。
記事のメインは内向的/外向的な性格の違いでタイプミス、文法ミスの指摘において差異が表れたということが確認できただけでしょう。さらに細かい部分で言えば「良心的な人はタイプミスを問題としてみている」という結果も出ているようです。
これらの性格の違いに優劣などはつけていないものと思われます。

英語の記事の段階で文法警察、文法ナチといった言葉を使うあたり
「いちいちミスを指摘する小うるさい人」という意図はあるのでしょうが
日本語版では「性格が悪い人と判明」とまで書いています。こういう意訳はどの段階で入ったのでしょうか?

こういう部分をとってみてもとても科学記事に対する冒涜があると感じます。
日本語の記事を書いた編集部は一から記者としての勉強をやり直した方がよいのではないでしょうか?

11:匿名2017年6月16日 14:21 | 返信

この記事を書いた人は普段から文法やスペルのミスが多くていつも上司とかから指摘されてるんだろうな。
だからこういう頭の悪そうなくだらない記事を書いたんだと思う。
性格も頭も悪い筆者は哀れだなあ。

10:匿名2017年6月15日 21:53 | 返信

誤字を見てる方はイライラしてんだからお前らも指摘されてイライラしてろ

9:匿名2017年6月15日 19:29 | 返信

わかってる人がたまたま間違えたのを指摘すんのは揚げ足取りなんだろうけど、
明らかにわかってない文法ミスは指摘してやらないとだめだろう。
どっかで正さなきゃその人は今後もずっと間違った恥ずかしい文章書き続けることになるんだけど。

指摘されて腹が立ったって一時の感情でずっと根に持ってる人のほうがよっぽど性格悪いと思うよ。

8:72017年6月15日 13:04 | 返信

私と同じ事を書いて、トカナをバカにしている人をSNSで発見したw

7:匿名2017年6月15日 12:30 | 返信

「指摘」のことを「私的」って……
ツッコミを入れてほしくて、わざと誤字を使っているとしか思えない、あざとい記事。

6:匿名2017年6月15日 12:08 | 返信

曲解してるだろ
ソース読んだけど、
「文章の間違いを指摘するのは性格が悪い人」
ではなく
「内向的な性格の人」
と書いてあるぞ

「内向的な性格の人」を「性格が悪い人」と書きなおして記事にするのはひどい差別だと思うんだが
まして「圧倒的に性格が悪い」「文法ファシストのヤバさ」なんてタイトルに付けるなんて

性格が悪いのはこの記事書いてるやつだろ

5:匿名2017年6月15日 08:11 | 返信

文法ミスや変換ミスの宝庫であるトカナらしいきじですな。
多少の間違いを指摘するお前らは心が狭いぞ、と言いたいのがみえみえの寒い記事。

4:逆です2017年6月15日 07:58 | 返信

そもそも「内弁慶」の用法が間違ってます。辞書でも弾いて勉強し直して下さい。
 単なる勉強不足を指摘されただけで相手の性格が悪いと開き直るのは、社会性がなく、未熟な人間関係しか築けない幼稚な人に特徴的な傾向です。
 むしろ、言葉の間違いを指摘しないのは、相手を見下して腹の中で笑っている底意地の悪い人です。親切な人間は良好な人間関係を築けるよう、間違いを正し、相手が他の仲間にも受け入れられるよう配慮します。
 ちっぽけなプライドが邪魔をして、他人の親切を仇で返すような人間は、一生大人になれない未熟者で終わるでしょう。悔しかったら自分を正せばよいだけです。それが出来ない人は成長しません。もし、この言葉が飲み込めないようでしたら「発達障害」の可能性があります。精神科への通院をお勧めします。

3:匿名2017年6月15日 00:07 | 返信

性格悪くて結構!
読書好きの元広報紙担当なので、日本語の誤りとか気持ち悪いのです(笑)。

2:なし2017年6月14日 23:57 | 返信

文法ミスが性格悪い?????

『おとといは、雨がふるでしょう』
『ちょうど今、とっくに終わった』
『未だに、3回見たことがある』

…こういう例を間違いと指摘しちゃダメなの?
へぇえええ。母国語破壊を許すなんて、手の込んだ文化的テロリズムかな?

1:匿名2017年6月14日 23:02 | 返信

この記事の中にも既に文法ミスがあるよう に思いますが…それ以前に、結構差別入ってる感じの記事に感じるのは私だけでしょうか?
記事自体は否定しないのですが、やはりもっと中立的な立場で、文章を書いたほうが無難な感じもします…
無難がいいかどうかは別として…

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。