>  > 12日の全日空機緊急着陸と「日航機墜落事故」の日時・航路が完全一致

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
【戦慄】12日の全日空機緊急着陸と「日航機墜落事故」の日時・航路が完全一致!! ダーク・シンクロニシティ発動で霊能者「32年前の犠牲者が…」の画像1
画像は「YouTube/TBS NEWS」より引用

 今月12日、羽田空港から大阪・伊丹空港に向かっていた全日空37便が、機体トラブルのため、羽田空港に引き返した。270人余りの乗客乗員は無事だったが、この事故に関してオカルト界では恐ろしい噂が流れている。なんと、ちょうど32年前に起こった日本最大の航空事故と異常なまでにシンクロしていたというのだ!


■日時、目的地、墜落時刻…「日本航空123便墜落事故」との一致

 日本最大の航空事故とはもちろん、1985年8月12日、群馬県・御巣鷹の尾根に墜落し、乗員乗客524名のうち520名が死亡した「日本航空123便墜落事故」である。奇しくも今回の事故と同日に起こっているが、シンクロしているのは日付だけでない。出発時刻、目的地、事故発生時刻から着陸・墜落時刻までピタリと一致していたのだ。

 具体的に見ていこう。両機とも、8月12日18:00に伊丹空港へ向け、羽田空港を出発。6時半ごろ、相模湾上空で与圧系統に異常が発生。18:55頃、日本航空123便は墜落、全日空37便は緊急着陸した……。如何だろうか? 偶然と言うにはあまりにも出来すぎた一致ではないだろうか?

日本航空123便
・1985年8月12日
・羽田~伊丹
・18時24分緊急事態発生
・18時56分墜落

【戦慄】12日の全日空機緊急着陸と「日航機墜落事故」の日時・航路が完全一致!! ダーク・シンクロニシティ発動で霊能者「32年前の犠牲者が…」の画像2
日航123便の航路「YouTube」より引用

全日空37便
・2017年8月12日 
・羽田~伊丹
・18時30分ごろ緊急事態発生
・18時50分ごろ緊急着陸

【戦慄】12日の全日空機緊急着陸と「日航機墜落事故」の日時・航路が完全一致!! ダーク・シンクロニシティ発動で霊能者「32年前の犠牲者が…」の画像3
全日空37便の航路「Flightradar24」より引用

 トカナが折に触れて指摘してきたように、とても偶然の一言では片付けられない負のシンクロニシティは確実に存在する。今回の一件でも明らかになったように、オカルト現象をばかにすることはあなたの命を脅かすことにつながるだろう。因果的に何の関係もないはずの遠く離れた2つの現象が一致、死を招く「ダーク・シンクロニシティ」が今回の事故の背後にあったことはほぼ間違いないはずだ。

コメント

7:匿名2017年8月26日 12:43 | 返信

機種も違えば壊れた場所も違う。
トラブル発生時刻も10分ほど違う。
飛行機の左旋回と右旋回についても貴重の判断だけじゃないでしょ。
航空機の空路についてもっとお調べになった方が良い。

6:匿名2017年8月17日 02:23 | 返信

別にオカルト脳ではないが、ここのコメントさん達には嘲笑せずにいられない

結局、思考方向が違うだけで弱オツムは弱オツムってことなんだな
不可思議な出来事には何でも偶然で片付ける輩とトンデモ論で片付ける輩と本質は同じ

5:匿名2017年8月16日 09:33 | 返信

“死者が出なかった背景には、機長の判断以上に“霊的な理由”があったと指摘する。”
機長の判断以上に理由はありません!
日頃の厳しい訓練を重ねているからこそ、
適切な判断と行動が今回のトラブルでも大事に至らなかったのです。
今回の記事には悪意しか感じられません。

4:匿名2017年8月16日 07:49 | 返信

具体的な根拠もナシに、無駄に不安を煽る記事ですね

3:匿名2017年8月15日 09:00 | 返信

墜落してないのに墜落時刻も一致て頭おかしいんじゃねーの

2:匿名2017年8月15日 03:26 | 返信

壊れた場所違うよねw

1:匿名2017年8月14日 19:29 | 返信

たった1つの事例を利用してシンクロニシティが存在すると断言するとは片腹痛いわ!
もっと沢山根拠を示せよ。
たった一つの事例では、単なる偶然でしかないよね。
せめて、ここ10年以内且つ、国内のシンクロを列挙されたい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。