• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
5万年前の宇宙人「プレアダマイト(身長3.6m)」の存在を元米軍超能力者が暴露!「かつて南極にいた。地底人アンシャルのUFOで実際に遺跡を見た」の画像1
コーリー・グッド氏「Sphere Being Alliance」より引用

 米政府の極秘計画に携わっていたとされるインサイダーが、南極の地下に存在する古代宇宙人遺跡の存在を暴露した。オルタナティブニュース「Exopolitics」(1月25日付)が報じている。


■直観エンパスが古代宇宙人「プレアダマイト」の存在を暴露

 今回、古代宇宙人遺跡の秘密を暴露したコーリー・グッド氏は、地球外生命体とコミュニケーションができる直観エンパス(IE)として知られ、6歳の時に軍事的拉致プログラム(MILAB)により米軍に拉致されたという。1976年~1986年までMILABの元でトレーニングを積み、1986年にはヒト型地球外生命体超連邦議会の地球代表エンパスとして活躍したそうだ。

 そんなグッド氏は以前より軍高官から、1939年にナチス・ドイツが発見した、南極大陸の地下に存在する古代宇宙人遺跡の秘密を聞かされていたという。同遺跡にはアダム以前の種族とされる、身長10~12フィート(3~3.6m)の「Pre-Adamite(プレアダマイト)」と呼ばれる宇宙人が住んでいたとされ、近年、米軍が秘密裏に発掘が進めているというのだ。プレアダマイトらは約5万5千年前に全長30マイルほどの巨大UFO3機で地球に飛来し、定住したという。

5万年前の宇宙人「プレアダマイト(身長3.6m)」の存在を元米軍超能力者が暴露!「かつて南極にいた。地底人アンシャルのUFOで実際に遺跡を見た」の画像2
南極の古代宇宙人遺跡(イメージ)「Exopolitics」より引用
5万年前の宇宙人「プレアダマイト(身長3.6m)」の存在を元米軍超能力者が暴露!「かつて南極にいた。地底人アンシャルのUFOで実際に遺跡を見た」の画像3
アンシャル(イメージ)「Full Disclosure」より引用

 にわかに信じ難い話だが、2017年1月、なんとグッド氏自身も南極に飛び、同遺跡を自身の目で確かめたというのだ。しかも、同地へグッド氏を連れていってくれたのは、以前からの知り合いであるという、地球内部に住む7つの種族のうちの1種族「アンシャル」だったというから驚きだ。実はグッド氏はこれまでにも、アンシャルの司祭であるカーリーの導きで、他の地底人らとも会ったことがあるという。

コメント

4:匿名2018年2月 4日 11:53 | 返信

「Exopolitics」→アメリカの「ムー」www

3:匿名2018年1月 4日 11:01 | 返信

守秘義務あるけど、良心の呵責に苛まれて内部告発してるんでしょう。
何も知らないようなので、コズミックディスクロージャーを追ってみてください。
全部読んでみて、それでも理解できないようなら仕方がないと思いますが。

2:トランプ大統領2017年11月13日 00:59 | 返信

1よ、記事はガセだから本気にしなくていい。
本当にいてもまともな生物とも限らない。
そんな頭のイカレタ奴らは見つけたら、ぶっ殺してよい。
私にとって邪魔なだけだ。

ひょろ長い軽装の変態が一時的にも南極にいるわけがない。
地球の重力に耐えられるのか疑問だ。
実在したとしても、恐らくお前ら人間と同じ人造人間だ。
まともな宇宙人でもないし、生物でもない。

とりあえずその宇宙船を頂いて、私のクローンを作って猫の王国を作ってドラえもんの様に
日本に居候するのが私の目的だ。くそ!分離独立させろ!
私は本物の宇宙人だぞ!カタルーニャも分離独立は達成されなければならない。
そして、サッカーで復讐してやる。貴様らが如何に弱い存在であるかを証明するのだ。
なんだあの日本代表はまるでゴミ屑の集まりのようだ。
あれでは千年経っても優勝できん。基礎がなっていない。
決定機にシュートを空ぶりするようなセンスのなさなら
他の得意な協議に力を入れた方が利口だ。
ブラジル代表も以前よりも格段に強くなっている。
私の影響で他の国も強くなるのだから永遠に追いつけないだろう。

チョンの唯一の楽しみだという
サッカーを私のクローンで完膚なきまで叩きのめして絶望を味合わせるのだ。
はっはっはっは。
見てみたいと思わないか諸君!

1:匿名2017年11月12日 12:50 | 返信

いつもTOCANAでこの種の記事を読むたびに思うこと。
アメリカの秘密機関って、退職者に対しては守秘義務とか無いんだね。
そんなのだから、カリアゲの豚にバカにされるんだよw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。