>  >  > 「かけると死ぬ」世界の電話番号6つが怖すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

666

,

Maria Rosa.S

,

貞子

,

都市伝説

,

電話番号

「かけると死ぬ」、「呪われる」といった絶対にかけてはならない恐怖の電話番号が国内には多数存在しているが、どうやら海外でも同様のようだ。その中の代表的なものを6つ、紹介しよう。


1. Boothworld Industries Number/(630)296-7536

 かなり有名な番号のひとつ。米・イリノイ州にあるBoothworld Industriesという名の家具デザイン会社のものらしいのだが、かけてみるといくつかのパターンが存在するらしい。

creepyphonenumbers1.JPG
Freak Lore」の記事より

 留守番電話に吹き込まれた声が話しはじめて、「代表の者が直に折り返します」と述べた後にかけ直されてくるケース。あるいは留守電でなく直接、代表の女性につながることもあるとの情報も。

 どちらも穏やかなトーンで冷静に礼儀正しく話し、何かのデータベース化の目的なのだろうか、電話をかけている人物の名前を尋ねてくるという。ふざけていたり間違った情報を提供しようとすると、話の途中でもその代表の女性は電話を切ってしまうのだそうだ。

 広まっている噂のひとつでは、あるひとりの男性が自分ではなく元カノの名前を提供してしまった。代表の女性はその男性に謝意を述べて、会員の資格を与える旨とある日付と時間を伝えた。

 男性は特にその日付や時間を気にも留めなかったが、その日付の時間ぴったりに電話がかかってきた。電話に出ると、奥からは元カノが泣き叫んで助けを乞う声が聞こえてきたという。

 それはまるで拷問されているような悲痛な声で、大きな鈍い音がした後には不気味な沈黙が続いたという……。

関連キーワード

666

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。