• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳】
番外編 ロシアの神経ガス

0308kurare-rosia-0.jpg
被害者のセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)。画像は「BBC」より引用

 ロシアで神経ガスを使った暗殺未遂事件が起こりました。

 今月7日の報道によれば、イングランド南西部のソールズベリーで今月4日に意識不明で見つかったセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)に神経剤が使用されていたと、英国警察が発表しました。セルゲイ氏はロシアの元スパイだった過去がありました。2006年にはアレクサンドル・リトビネンコ氏のポロニウムによる不審死事件もあり、ロシアの暗殺部隊による仕業ではないかと話題になっています。

 過去にVXガスの記事(前編後編)で少し触れましたが、ロシア製の神経ガスの存在が話題となっております。

 政治的な話はともあれ、今回はロシアの化学兵器について、さっくりとまとめておきましょう。

0308kurare-rosia-1.jpg

●神経ガスの同定

 サリンやタブン、ソマンといったドイツが開発した(けど使っていない)合成神経毒を皮切りに、イギリスとアメリカが完成させたVXガス……。そういった合成神経毒については以前、本連載でも取り上げているのですが(殺人神経ガス 前編後編)、今回はその痕跡や、ロシア独自のまだ知られていない毒物の可能性についてお伝えしましょう。

 神経ガスの多くでは、被害者の体内で分解物が生じます。この分解物を調べることで、使われた毒物を分析することができます。

 神経ガスは、アルカリ条件下では特にスピーディーに分解していきます。それは体内であっても土壌中であっても変わりません。なので、土壌や血液サンプルなどをとっておくことで、使用された毒物を特定することができるわけです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。