• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 この不思議な外見の正体は何なのか? エビやカニのような甲殻類、それとも昆虫か、はたまたキノコなどの菌類か――。


■激レアな“エイリアン・フラワー”を発見

 我々にあまり馴染みがないのも当然、実に150年ぶりに姿を現したティスミア・ネプトゥニス(Thismia neptunis)という名の非常に珍しい植物である。

thismianeptunis1.JPG
Science Alert」の記事より

 エイリアンそっくりで、葉のないこの花はマレーシアのジャングルの奥地であるボルネオ・サラワクで見られるようだが、1年のうちほとんどを地下で過ごし、地上に顔を出して咲くのはほんの数週間だという。

 最初にこの花が発見されたのは1866年のこと。東南アジアで100を超える多くの新種を発見し植物研究に貢献した、イタリアの植物学者オドアルド・ベッカーリが見つけてその姿をスケッチしていたが、それ以降は1回も姿が確認されたことはなく、幻の花となっていた。

 昨年2017年にチェコの研究グループが森を探索中に、幸運にも再び発見に成功したのである。そもそも見つけることすら難しいため現時点ではまだ限られた情報しかないというが、今回の発見で細部にわたり撮影することができ、貴重な資料を作成した。

thismianeptunis2.JPG
Science Alert」の記事より

 150年前のベッカーリのスケッチは寸分違わず正確なもので、専門家らも改めて目を見張ったという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。