• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

人類滅亡

,

哺乳類動物

,

支配

,

,

生物学

,

覇権

【衝撃】人類滅亡後の地球は「ウシ」に支配されることが判明! 100年後は「牛の惑星」に… 生物学者が本気の指摘の画像1
画像は「Big Think」より引用

 人類が滅亡した後、世界を支配するのは誰だろうか? 有力候補として挙げられるのは、最高の知性と永遠の命を持つAIロボットだろう。だが、今月20日に科学ジャーナル「Science」に掲載された論文によると、人類滅亡後に世界の覇権を握るのはAIではないという。では、一体なんなのだろうか?

 意識高い系ニュース「Big Think」(21日付)によると、米・ニューメキシコ大学の生物学者フェリサ・スミス教授率いる研究チームの分析により、「ウシ」が人類滅亡後の地球で繁栄することが判明したという。サイエンスフィクションの想像力も超える信じがたい結論だが、著名な研究者らが真剣に考えた結果だというから信じるしかあるまい。では、その理由は何だろうか?

 米誌「Wired」(19日付)によると、人類が世界中に広がっていったことで、多くの大型哺乳類が絶滅したことがその一因だという。1頭狩るだけで、多くの肉を提供してくれる大型哺乳類はハンターの的になり易かったからだ。研究者らは、初期の人類がアメリカ大陸で食料にした肉の70%~80%は大型哺乳類だと予測しており、それらの絶滅に貢献したという。

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年4月28日 14:45 | 返信

うっしっし~

3:トランプ大統領2018年4月28日 01:30 | 返信

人を猫だの虎だの猿だの馬だの狸だのアザラシだの
いろんな動物に例えられて何が何だか分からない。
今度はウシか?そうすると、人のものをパクリにネズミが乗っかってくるんじゃないのか?
ミッキーマウスは一番危険な存在だ。希望の党があっという間に食い尽くされて滅んでしまった。
やはりネズミは一匹たりとも入れさせないようにせねば。
そのためには重篤な身体・精神障害者や末期がんや不治の病に侵された人を安楽死させるシステムを確立しておかなければならない。ミッキーマウスはそういうところに潜んで人権を盾に健全な人たちから金や権利を奪おうと躍起になって活動する。まるでゾンビだ。奴らは精神障害を患っているAIにコントロールされた人間共なので、恐らく、安楽死システムが確立すれば少しは大人しくなるのではないかと思っている。まるでゲームの必殺技のようにダメージを与えられるのではないかと思うのだ。現実的にベッドも空くし、手間が省けて、社会保障費が浮くのではないか?
ぜひ、やってもらいたい。

2:匿名2018年4月27日 13:01 | 返信

ちょっと内容は違うが、残念ながら過去のサイエンスフィクションは、牛型知的生命体を想像していた。
やはり、藤子F不二雄氏は天才だった。

1:匿名2018年4月27日 10:53 | 返信

一度、蹄に進化した足が指に戻る事は無い。

昔は子供のことを午(まご)と呼んでいた。
そして頭角を現し責任の取れる人を大人(うし)と呼んだ。
つまり、
牛(うし)とは、午(まご)が、才覚を獲得した者である。
「まごまごする」
これは、
「午午する」と書くのが本来の使い方でしょう。
ちなみに
丑とは、王(お=男)と、土(に=尼)で、おに
牛鬼(ぎゅうき)とは、丑の事
これは、むかし
「女を土」、「男を士」と書いていた頃のヘブライの昔話で、
ゴーレム(士=男=守人=侍(付き人=月の人))=「侍(はべらす)」=衛星(衛士)=月
土(女)=母星から生まれる。
別の説では、
GNOME(土の精霊)と、GENOME(ゲノム)から人が生まれる説も有る。
女神のGNOSIS(土と姉妹)とつながる。
もともと
地球の北半球で、一つの言葉を使っていたが悪い奴らが戦争を増やす為に言語を増やした。
それ故に、色々な国の言葉がリンクする事が有るのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。