• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
nagasakim_01.jpg
撮影=酒井透

 もうかれこれ25年以上、沖縄県・西表島の北にある無人島・外離島(そとばなりじま)で暮らしてきた『西表島のターザン』こと長崎真砂弓さん(81)が人生最大のピンチに見舞われている。一昨年、“安住の地”としていた外離島を追われ、現在、生活をしている場所からも出て行くように求められている。

 外離島を追われるきっかけとなったのは、フジテレビの番組『めちゃ×2イケてるッ!』に出たことだ。普段からフルチンの全裸姿で生活をしている長崎さんは、テレビ番組に出たり、マスコミの取材を受けたりしてきたが、今回はそれが仇となってしまった。これによって大勢の観光客が押し寄せるようになり、さらに取材のオファーがくるようになった。その結果、「のんびり観光地」となっていた西表島は、一転してお祭り騒ぎとなり、土地の所有者から「出て行って欲しい!」と言われてしまったのだ。

nagasakim_02.jpg
撮影=酒井透

 外離島を離れてからは、西表島の北部にある「モクタンの浜」というところで暮らしている。ここは、外離島からは3~4キロくらい南西に位置している。集落もなければ、人も住んでいない。しかし、ツイてないときは、運も味方にはなってはくれない。「モクタンの浜」は、国有林であるために林野庁の職員から立ち退きを迫られているのだ。一体、どうしたらいいのだろうか……。

nagasakim_06.jpg
撮影=酒井透

「『めちゃ×2イケてるッ!』に出てからというもの、外離島は観光地になってしまいましたね。ダイビングやシュノーケリング、カヌーに行く人たちが物見遊山で長崎さんに会いに行くようになってしまったんです。もちろん、ごく普通の観光客もです。今から5~6年前までは、彼を訪ねて行くような人は少なかったのですが、あのテレビに出てからは、みんなが行くようになりました。長崎さんも有名人になりましたね。民宿のおじいも船で連れて行ったり、ダイビング船が寄るようになったりしたんですよ……。一番いけなかったのは、そうした訪問客が全裸になって長崎さんと記念写真を撮って、ネットにあげたことです。土地の所有者も、『こればかりは放っておけない!』ということになったんです……」(地元で暮らす50代の男性)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。