• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
DonJuan_1.jpg
紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』(講談社)

 「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)の怪死事件で新展開だ。これまで頑なに口を閉ざしてきた22歳妻のSさんが、事件後初めて告白したのだ。独占インタビューに成功したのはフジテレビ。昼の情報番組「バイキング」を皮切りに、同局報道番組で立て続けに放送された。

「繋げたのはSさんの代理人を務める『レイ法律事務所』の佐藤大和弁護士。彼が『バイキング』に定期出演している縁で持ち込まれたそうです。他局もSさんにはオファーを出していたので、地団駄を踏む思いでしょう」とはテレビ関係者。

 野崎氏の死因は急性覚醒剤中毒だが、番組でSさんは「覚醒剤が出るなんてこともビックリですし、こんな大きな事件になると思ってなくって…」と困惑。現在、覚醒剤がどのようにして野崎氏の体内に入ったのかが焦点となっているが、Sさんは「私は自殺もなくはないと思ってて…」と述べた上で、愛犬イブが直前に突然死したことで野崎氏が「私も早く死にたい」と語っていたことを明かした。

 事件現場にいたことで、Sさん自身にも疑いの目が注がれているが、彼女は自ら他殺説に言及。「社長は結構恨みを買ってるというか。過去に刺されたりとか、金融業関係でモメてたりとかもあった」と述べ、犯人は仕事関係でトラブルがあった人物ではないかと推理した。県警は野崎氏がビールを常飲していたことから、ビール瓶2000本を押収し調査しているが、Sさんは「ビールに(覚醒剤が)混入していたとは思えない」と否定。普段、野崎氏は自ら冷蔵庫からビールを取り出して飲んでおり、第三者が覚醒剤を混入させる隙はないという。

 社会部記者によれば「正直、県警の捜査は手詰まりになってきている。Sさんを“ホンボシ”と見立て、彼女を嘘発見器にかけたりしていたが、有効なデータは得られなかったと聞いている」という。

コメント

9:匿名2018年6月18日 13:56 | 返信

おしゃべり家政婦が
2階から ドンドンと 音がしたと言ってたが
言ってる時間がバラバラ
20時なのか22時なのか どっちが本当なんだろうな

8:匿名2018年6月17日 22:12 | 返信

交通費は別なんじゃね?
知らんけど

7:匿名2018年6月17日 21:10 | 返信

たった月10日、日当15000円、15万円の為になぜ東京から田辺まで通うのか不思議

6:匿名2018年6月17日 16:51 | 返信

>>2
家政婦さんは
奥さんが100万貰ってるなら日当1万は安い❗給料上げろって言って1万5千に上げさせた。
って得意気に言ってたよ

5:匿名2018年6月17日 16:39 | 返信

音信普通→音信不通では…❓

4:匿名2018年6月17日 15:47 | 返信

野口五郎岳

3:匿名2018年6月17日 08:44 | 返信

「野口さん」って誰だよ。アップロードする前に原稿読み直せや

2:匿名2018年6月17日 08:05 | 返信

嫁さんや、他の女には何百何千とつぎ込むのに、家政婦には・・・という奴だったりして。

1:匿名2018年6月17日 07:23 | 返信

野口さんに多額の借金…野口さん?
野崎さんの間違い?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。