• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
W杯で実際にあった「呪い」事件がヤバすぎる! ニュンガの呪いと謎の儀式、降霊術とニワトリの血で…選手が激白!の画像1
画像は「FIFA.com」より引用

 いよいよ開幕したサッカーW杯ロシア大会。19日には日本もグループリーグ初戦を迎える。この日のために各国の超一流サッカー選手が鎬を削ってきたが、どうやらW杯には実力以上に運が勝負を分ける重要な要素のようだ。それというのも、いまやW杯の常連となっているオセアニアの強豪オーストラリアは、ある悪運のせいで32年間も同大会への出場を逃してきたと言われているからだ。

 米「ABC News」オーストラリア版(6月2日付)によると、サッカーオーストラリア代表チームの運気が急下降したのは1969年のある出来事がきっかけだったという。同年、オーストラリアは1970年のW杯メキシコ大会の出場権獲得を目指し、ローデシア代表と東アフリカの国モザンビークで争った。オーストラリアは3-1でローデシアを下すが、この勝利の裏にはある秘密の儀式の存在があったという。

 そのことは、当時オーストラリアサッカー代表キャプテンを務めていたジョン・ウォーレン氏の自叙伝で明らかになった。同書によると、試合を目前に控えたオーストラリア代表チームに現地ジャーナリストが、試合に勝ちたければ「ニュンガ」と呼ばれる地元の魔術師に頼んで、相手チームに呪いをかけてもらったらいいとアドバイスをしてきたという。これに興味を持ったオーストラリアのチームメンバーはニュンガにコンタクトを取り、ローデシアチームを呪うよう依頼。すると、ニュンガはその日の夜にスタジアムに忍び込み、ゴールポスト付近に動物の骨を埋め、ローデシアチームに呪いをかけたという。

W杯で実際にあった「呪い」事件がヤバすぎる! ニュンガの呪いと謎の儀式、降霊術とニワトリの血で…選手が激白!の画像2
画像は「ABC News」より引用

 ここまでは良かった。しかし、試合後にニュンガが成功報酬1000ドルを要求してきたが、その支払いをオーストラリアチームが拒否。これに怒ったニュンガはローデシアにかけた呪いを今後はオーストラリアにかけてしまったのだ。結果、オーストラリアは1970年のW杯出場を逃し、1974年には辛くも本戦出場を果たすものの、2敗1分で1次リーグ敗退。それから2006年のW杯まで実に32年間も本戦出場を逃し続けてきた。

コメント

3:匿名2018年6月21日 07:51 | 返信

W杯の見所の一つが客席での呪術合戦
応援団の中にフツーに呪術師が交ざってる光景は興味ある
最近テレビではあまり映してくれないんだよね

2:トランプ大統領2018年6月21日 00:03 | 返信

>>1

お前がやっているんだろ!このボケが!
本当だったら4点は取れたが私へのメッセージで2-1になった。
余りの動きの悪さに見ていてイライラして段々殺したくなってくる。
八百長不可能の破壊神であるポプちんであったら
持ち味の相手を破壊するポゼッションサッカーで圧倒的な殺意と格闘技で鍛えたパワーで
タックルしてきた足を躱すと見せかけて偶然を装い素早くチャージして
場合によってはシュミレーションで大げさにひっくり返り
これまた偶然にぶつかったかのようにを装い膝か筋肉を破壊したり
ドリブルでの競り合いで脱臼か骨折を狙ってチャージしたり
コーナーからの空中での競り合いで挟み込んであばらを狙って当たり骨折させて
3人は病院送りにして試合を優位に進めている。
ポプちんのフットボールは勝つためにあらゆる手段を考え
カードをもらうような反則を使わずして
如何に相手を破壊するかを研究し、戦った相手を完全崩壊させて
その後も有利に進めることを実践するトータルフットボールなのだ。
コロンビアのディフェンスラインは弱いので、あの守備なら面白い様に点とって一位通過だろう。

あの試合で気になったシーンはハメス・ロドリゲスだ。余りにも陽気に歌っていたのがうけた。
あいつ、何を考えていたんだろうな。余裕で勝てるから、楽しく観戦しようとか思っていたのか?
半笑いで歌っていたのがあまりにも印象的だった。

次はセネガルか、見た中ではセネガルが一番強い印象を受けた。
日本の一番苦手な足が速く身体能力の高い相手だ。
だが、シュートまでのパスでの組み立てがイマイチな印象を受けた。
あれなら、余程のミスをしなければ防げるだろうし、カウンター対策をして抜かれさえしなければ
日本は流れからでもセットプレーでも点が取れると思う。
しかし、日本はシュートを外したのはいいのだが、スピードが無かったり
ギリギリでもなく、スライスさせるとか小学生かと思わせるレベルの低さは否めない。
川島のわざと1テンポ遅れてセーブして入れたゴールは
ゴールラインテクノロジーを導入しているのに
入っていないアピールとか頭の弱い人間にしか見えなくて、めっちゃ恥ずかしかった。
あれも八百長の内なのか?やることが小学生か頭の弱い粋がった中学生みたいだ。
余りの幼稚さと下手糞さに殺意を覚えた。
まぁ弱いなりに外人にはない機転の利いたプレーと外国かぶれのパスサッカーで
積極的にプレスをかけてこないのもあって、何とか凌げそうだ。
あとは仕掛けだ。サイドから攻める時はワンツーで縫って行ってシュートかマイナスのグランダーのクロスで合わせるとかやってもらいたい。後ろに戻して逆サイドの裏は相手の実力と背の高さもあるし、日本の選手は足が遅いのと下手さでおそらく通らないと思うのでやらない方向にして
それなら中央につないで縦パスをいれて、フリックか足元へ入れて裏抜けを狙うか
浮き球の縦パスをバックヘッドで裏に擦らせて裏抜けするとか?高等テクニックを要して
たぶん出来ないだろうなぁ。大迫半端ないというなら出来るだろうが
あいつアグエロみたいに反転シュートも出来ないから、たぶん無理だろう。
完全に裏抜けしても外す阿保だし。それか巻いたシュートでポストインとか狙ってほしいね。
余りにも芸がなくてつまらないから。下手過ぎてテンポが遅いとか見る気が失せる。

1:匿名2018年6月20日 09:53 | 返信

コロンビアに勝ったからって油断するなよ 日本!
今回は 審判に恵まれたが 次はわからん
アフリカ セネガルのシャーマンの呪いがUPされて 
ケガ ファール イエロー&レッドカード続出にならないように気をつけよう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。