• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 銀河の歴史にまた新たなる1ページ(?)が刻まれた。世界初の宇宙国家「アスガルディア」、その国家元首の就任式が今月26日、オーストリアの宮殿で華々しく行われたのだ。その様子は英紙「Daily Mail」などで報じられ、大きな話題となっている。

0627asgardia-1.jpg
画像は「Asgardia」より引用


■宇宙国家アスガルディアとは

 アスガルディアは2016年10月に建国が宣言された人類初の「宇宙国家」である。その名は北欧神話の神々が住まう国「アスガルド」にちなんで付けられた。人類による環境破壊や戦争の脅威から逃れ、広い宇宙に活路を見出そうという壮大なプロジェクトである。

0627asgardia-5.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 すでにアスガルディアの登録市民数は世界200カ国以上から20万人を超えており、日本にも700人を超えるアスガルディア市民がいるようだ。プロジェクトでは国旗や国歌だけでなく、憲法や法律に議会、さらにはデジタル通貨といった国家に必要なシステムを着々と整えている。現在の領土は2017年に打ち上げられた人工衛星「Asgatdia-1」一機のみだが、今後は人間が居住可能な「ノアの箱船」を衛星軌道上へ順次打ち上げ、25年以内には月に居住区を建設したいという。

0627asgardia-2.jpg
壇上に立つアシュルベイル氏(中央)。画像は「Daily Mail」より引用

 宇宙空間に国家を建設するという大プロジェクトを発案・指揮するのは、ロシア人科学者で実業家でもあるイゴール・アシュルベイル氏である。プロジェクトにかかる費用の多くをまかなっているのもまた彼だ。先ごろ、アシュルベイル氏はアスガルディアの国家元首として選出された。そして今月26日、オーストリア・ウィーンのホーフブルク宮殿で国家元首就任式が執り行われ、その様子はYouTubeでもライブ中継された。

コメント

5:匿名2018年6月29日 13:27 | 返信

就任式までやって、なんとまあ〜 ご苦労な事よのぅ。わしゃ、感心したw でも詐欺だと思う。

4:匿名2018年6月29日 12:24 | 返信

デッテデー♪

3:匿名2018年6月29日 04:01 | 返信

月や宇宙空間に人が住める場所を造る事がどれほど大変な事かを経済や科学的考察を持っていれば
途方もない夢物語でしかない!
25年以内に月に居住区を造ると?
仮に造れたとしても数人程度しか済むことができないのでは?

地球の外で生活できる場所を造りだすのには、たった数人の人々だけの為であっても莫大な
費用と時間、労働力、資材とそして高度な技術力も必要です。
数百、数千、数万、数十万人を地球外に居住させるとなると途方もない

2:匿名2018年6月28日 22:42 | 返信

月の土地の売買という訳の分からない詐欺商売と同じ

1:匿名2018年6月28日 14:50 | 返信

ソーラーとかいう仮想通貨の稼ぎの為の大きな詐欺事業としか感じられない。じゃ何の為に。火星に行く技術すら持ち得てないのに、そんな事業は信用に値しない。そんなことするなら宇宙ステーションを舞台にして、行き来できる宇宙旅行事業なら想像できただろうなぁ。残念だったな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。