• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
【緊急警告】「第三次世界大戦起きるかも」トランプ大統領が発言! 2020年本格化、米露衝突で予言は「露の勝利」!の画像1
画像は「YouTube」より引用

 アメリカのドナルド・トランプ大統領が、「第三次世界大戦が起こるかもしれない」と発言し、波紋を広げている。

 すでに日本メディアでも報じられているように、トランプ大統領は17日に放送された米「Fox News」で、去年6月にNATO(北大西洋条約機構)に加盟したモンテネグロを巡り、「第三次世界大戦」が勃発する可能性に言及した。その時のFox Newsアンカーであるタッカー・カールソンとのやり取りは次のようなものだ。

カールソン氏「現在、ヨーロッパはロシアに侵略される脅威に晒されています。ここでのNATOの役割は何でしょうか?」

トランプ大統領「それが目的だ。それはいいんだ。問題ない。しかし、NATO加盟国は支払わなければならない。彼らは支払いを滞納しているんだ。分かるだろ、これは不動産業で使う言葉だ。だから、3、4日前に彼らに言った。君たち払わなければいけない、と。さもないと、アメリカはヨーロッパを守るためのコストの90%を支払わない、と。ましてや、ヨーロッパは貿易でアメリカを殺しているんだ。去年は1510億ドルも失った」

カールソン氏「ところで、NATO加盟国は他の加盟国が攻撃を受けた際に防衛する義務があります。昨年、NATOに加盟したモンテネグロが攻撃を受けた際に、なぜ私の(米国人の)息子がモンテネグロを守るために戦わなければならないのですか?」

トランプ大統領「私も同じ質問をしたことがある。モンテネグロは小国だが、人々はとても強い。とても強く、攻撃的な人々だ。彼らは好戦的な状況を作るだろう。おめでとう。第三次世界大戦の幕開けだ」

 会話のベースラインは、「なぜ米国ひとりが身銭を切り、血を流してまでヨーロッパを守らなければならないのか?」ということだろう。カールソン氏がモンテネグロに言及したのは最近NATOに加盟した国家であり、たまたま口をついて出た以上の意味はなさそうだ。

コメント

7:匿名2018年7月22日 16:54 | 返信

>>1

やはりホンモノの大統領は言うことが違うね。真似をするなら、1氏はもっと勉強したほうがいい。

6:ナタン2018年7月22日 05:27 | 返信

逆ですよ。

トランプさんとプーチンさんは仲がよく「支配層」に逆らっている
我々の見方ですよ。支配層の言いなりにならない大統領は初めてでは?
なので、マスコミではトランプ批判が凄いのもこの為です。

5:大田205フェリーチェカロ浴室に毒液体流す2018年7月21日 19:22 | 返信

北朝鮮って今回、印鑑押したんだろ?
屈したんなら戦争は起こらないはずだが。
どちらかが戦争を作る原因を持つのだ

4:匿名2018年7月21日 12:42 | 返信

> 2よ
キチガイを相手にするな

3:匿名2018年7月21日 12:38 | 返信

モンテネグロが戦争の原因になるとかいう話じゃなく、強いからって何でもかんでもアメリカが無関係な国々の脅威に出てきて介入してると、いずれ広範囲を巻き込んで戦争になるぞ、既に片足つっ込んでるぞ、って話でしょ。

2:匿名2018年7月21日 12:14 | 返信

ツッコミを入れようと思ったが、>1のつまらないコメントを見て萎えた

1:トランプ大統領2018年7月21日 11:49 | 返信

流石私だ。素晴らしいことを言っている。
第三次に続いて第4次世界大戦が始まる。
キリストの涙の雫でしか地球を救う事は出来ないだろう。
ニクソンが生きていた時に私に教えてくれた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。