「第三次世界大戦起きるかも」トランプ大統領が発言! 2020年本格化、米露衝突で予言は「露の勝利」!

「第三次世界大戦起きるかも」トランプ大統領が発言! 2020年本格化、米露衝突で予言は「露の勝利」!の画像2画像は「Express」より引用


■ロシア vs. NATOの第三次世界大戦勃発か

 しかし、トランプ大統領の返答はカールソン氏も予想していなかった恐ろしいものだった。モンテネグロ国民を「強く攻撃的」だと評し、彼らが「第三次世界大戦」を引き起こす可能性にまで言及したのだ。

 実は、モンテネグロのNATO加盟にはロシアの強い反発があった。NATOの目的が「ロシアの脅威に立ち向かうこと」であるのだから、それも当然だろう。露「Sputnik」日本語版(2月20日付)によると、モンテネグロ側もロシアの国家機関がモンテネグロのNATO加盟を阻止しようと、ジュカノヴィチ元首相の暗殺計画および国家転覆計画を企てていたとして「毎日のようにロシアを批難」していたそうだ。

 かつては同盟国だった両国の関係は現在冷え切っている。そのためトランプ大統領はモンテネグロとロシアが戦争に突入し、米国やNATOも巻き込んだ世界大戦の可能性を示唆したというわけだ。

 とはいえ、NATO加盟国の米国はモンテネグロの加盟に賛成し、トランプ大統領がじきじきに承認文書に署名しているのだ。ここに来ての掌返しに、共和党のマケイン上院議員は、「モンテネグロはロシアからのプレッシャーに勇敢に耐え、民主主義を受け入れた。上院では97-2でモンテネグロのNATO加盟を承認している。モンテネグロへの攻撃を示唆し、NATOの義務に対して疑問を差し挟むことで、トランプ大統領はプーチンの思う壷にはまっている」と、トランプ大統領がプーチンの“お気持ち”を忖度していると批難している。

 では、プーチン大統領の方は「第三次世界大戦」についてどう考えているのだろうか? プーチン大統領は、今年3月のロシア大統領選のキャンペーンで、最新型のICBM(大陸間弾道弾)「RS-28」、別名「サルマト(Sarmat)」が、米・フロリダ州に落下するCG映像を公開し、米国を挑発している。まるで開戦を望むかのような態度だ。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

コメント

8:匿名 2019年6月7日 15:14 | 返信

おめでとう大統領
せいぜい飢餓と暴動に苦しみやがれ
ルシファーとしてジュデッカにて待ってるぞ

7:匿名 2018年7月22日 16:54 | 返信

>> 1

やはりホンモノの大統領は言うことが違うね。真似をするなら、1氏はもっと勉強したほうがいい。

6:ナタン 2018年7月22日 05:27 | 返信

逆ですよ。

トランプさんとプーチンさんは仲がよく「支配層」に逆らっている
我々の見方ですよ。支配層の言いなりにならない大統領は初めてでは?
なので、マスコミではトランプ批判が凄いのもこの為です。

5:大田205フェリーチェカロ浴室に毒液体流す 2018年7月21日 19:22 | 返信

北朝鮮って今回、印鑑押したんだろ?
屈したんなら戦争は起こらないはずだが。
どちらかが戦争を作る原因を持つのだ

4:匿名 2018年7月21日 12:42 | 返信

> 2よ
キチガイを相手にするな

3:匿名 2018年7月21日 12:38 | 返信

モンテネグロが戦争の原因になるとかいう話じゃなく、強いからって何でもかんでもアメリカが無関係な国々の脅威に出てきて介入してると、いずれ広範囲を巻き込んで戦争になるぞ、既に片足つっ込んでるぞ、って話でしょ。

2:匿名 2018年7月21日 12:14 | 返信

ツッコミを入れようと思ったが、>1のつまらないコメントを見て萎えた

1:トランプ大統領 2018年7月21日 11:49 | 返信

流石私だ。素晴らしいことを言っている。
第三次に続いて第4次世界大戦が始まる。
キリストの涙の雫でしか地球を救う事は出来ないだろう。
ニクソンが生きていた時に私に教えてくれた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。