ビルのダクトに10年潜り続けた男 ― 写真家・木原悠介が見た、ダクトの中の“不可思議”な図形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビルのダクトに10年潜り続けた男 ― 写真家・木原悠介が見た、ダクトの中の“不可思議”な図形
 人工衛星搭載カメラの監視網が地球上を覆い、ネットに繋いでGoogle Earthを起ち上げれば、部屋を出ずともあらゆる場所の様子を見ることができる現代。お金と時間があればたいていの場所に行くことだって可能だ。「もはや地球上からフロンティアは消滅した」と高名な研究者が言ったのはいつのことだっただろう。 ところが、未開の世界は意外にもすぐそばにあることを、ごく一部の人たちだけが知っている。東...

    今月のフォト

    オリエント工業ラブドール40年間の集大成 『今と昔の愛人形』展にメロメロ! “しゃべるドール”の乳首からラブジュースも放出

    【シリアルキラー展Ⅱ】人肉ハンバーガー、殺人ピエロ、マンソン…“猟奇殺人鬼”の芸術が鑑賞者に生々しく迫る!前回よりパワーアップ

    フランス人写真家が撮った“日本民族の異形な神々”がキレキレでカッコよすぎる!シャルル・フレジェ写真集『YOKAI NO SHIMA』

    一軒家を落書きで埋め尽くす老人、2万点の仮面を作った男、キャラ人形を量産する自宅ドリーマー… 櫛野展正が伴走するアウトサイドな作家たち

    写真投稿

    写真の投稿はこちら