実験室内に男性研究者がいるとマウスに悪影響!? これってアノ細胞にも…?(科学誌論文)

関連キーワード:

,

,

,

,

 皆さんの周りには、相手が男性か女性かによって態度を変える人はいませんか? たとえ直接関わらなくても、そういう態度にはあまりいい印象は持ちませんよね。しかし動物実験に使われるマウスにとっては、研究者が男性か女性かというのは非常に重要な問題のようです。

 4月28日に科学誌「Nature Methods」にて発表された論文によると、男性研究者の存在はマウスやラットにストレスを与えてしまい、実験結果に影響をおよぼすこともあるそうです。研究を主導したマギル大学(カナダ)の研究者ジェフリー・モギル氏は、「以前から研究者の間ではそんな話がささやかれていましたが、誰も構造的に明らかにしようと来ませんでした」と語っています。そして今回、モギル氏が行なった「近くにいる研究者の存在がマウスの痛みの感じ方にどう影響するのか」という実験によりその存在がはっきりしました。

■男性研究者の前では強がり?

実験室内に男性研究者がいるとマウスに悪影響!? これってアノ細胞にも…?(科学誌論文)の画像1
画像は「Scientific American」より

 実験では、麻酔状態のマウスに催炎物質(炎症をおこす物質)を打ち込んだ後、目を覚ましたマウスの表情の変化を記録しました。表情の変化はマウスが感じている痛みを反映しているので、研究者の有無によって差異が出るかを調べることができます。

 その結果、男性研究者が実験室内にいる場合は誰も居ない場合に比べて約40%痛みを感じにくくなっていました。また、男性研究員が着ていたTシャツをそばに置くだけでも同じように痛みを感じにくくなっていました。逆に、女性研究者が実験室内にいる場合は誰も居ない場合と比べて変化はありませんでした。

 マウスが痛みを感じにくくなったのは、ストレスの副作用だと考えられます。ストレス状態にさらされたマウスは、「コルチコステロン」というホルモンの分泌が増加します。その作用によって痛みを感じにくくなることから、マウスは男性研究者にストレスを感じていたといえるわけです。

 そして男性研究者が実際にいなくても、Tシャツがあるだけでストレスを感じていたことから、その原因は匂いにあると考えられています。実際に研究班ではその原因となる匂い分子を、脇汗に含まれる物質などにしぼりこみました。マウスはその匂いから他の生物のオスの存在を感じ取り、「恐怖」を覚えることでストレスを受けているようです。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

実験室内に男性研究者がいるとマウスに悪影響!? これってアノ細胞にも…?(科学誌論文)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル