握手で感染!? 死亡率30%の奇妙なウィルス「MERSコロナウイルス」が広がっている!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

 米国の保健当局は、死亡率30%の奇妙な中東のウイルスが、一人の男性から他の人に感染したと報告した。

■ミーティング前の握手だけで感染

mers2.JPGこの電子顕微鏡のイメージはMERSコロナウイルス粒子を黄色で示している
画像は「Daily Mail」より


 5月初め、イリノイ州の男性が、わずか40分間のミーティング(握手以上の接触なし)でインディアナ州の男性と接触した際に、「MERS(Middle East respiratory syndrome)」コロナウイルスに感染した。これは、米国では初めてのケースである。幸い、イリノイ州の男性は感染したものの、健康であり医学的処置は必要ではないと疾病管理予防センターが判断している。

 この件に関し、疾病管理予防センターのデビッド・スワドロー医師は「この出来事が、公衆におけるリスクを変えるとは私たちは考えていません」と述べ、「ウイルスが強力な感染力を持つとは考えられず、人対人の近距離の接触のみで広まる」と発言した。

 しかし、そのような弱いウイルスがなぜ握手しかしていない、僅か40分間のビジネス・ミーティングで感染したのだろうか?

 さらにその後、米国における2番目の感染者が確認された。フロリダ州を訪問していた44歳のサウジアラビアの男性である。ちなみに、サウジアラビアは2年前に広がったMERSコロナウイルス発生の中心地。

 まだたった2件の症例ではあるが、「MERS」が米国に広がっているのは確かなようだ。


■「MERS」とは?

 MERSコロナウイルスは中東のラクダから発見されたウィルスで、一般的な風邪や SARS(重症急性呼吸器症候群)を含む、コロナウイルス科に属している。ちなみに、ラクダからどのように人間に広がったかはまだ明らかになっていない。

 現在、約600人が呼吸器疾患を起こし、約175人が死亡。それらは全て中東地域、もしくは中東に旅した人々に関係しているという。ちなみに、SARSは2003年に世界中で800人の死の原因となった。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。