呪いからイ●ポまで対応!? C・ロナウド黒魔術をかけたガーナの呪術師ナナ・クワク・ボンサム、一体何者?

■そもそも、ナナ・クワム・ボンサムって何者なのか?

ナナ・クワム・ボンサム氏「YouTube」より

 ナナ・クワム・ボンサム(Nana Kwaku Bonsam)、39歳(2013年7月時)。現在、14人の子どもがおり、そのうちの9人は養子だという。「呪いからインポまで何でも治す!」ということで、有名になったという彼は、度々ガーナのテレビ番組に出演し、国民的な呪術医療(ヒーリング)師となった。その背景には、キリスト教伝来前に西アフリカにあった土着の宗教やブードゥー教を現代に蘇らせるという目的があるそうだ。テレビ収録には毎回数千人のギャラリーが集まるそうで、現在は、教団を持つまでの規模に至っているという。


■そもそも、呪術医とは?

 呪術医とは、別名「シャーマンドクター」「ウィッチドクター」とも呼ばれ、医療専従者のうち医療効果の根拠を超自然的なもの「=呪術」に求める者のことである。また、病の診断方法に、トランスや占いを用いる特徴がある。

 では「呪術」とは何か? 日本では古来から藁人形の牛の呉刻参りが有名だが、呪術=呪い(ネガティブな影響を与える行為)と考えるのは早計である。「呪術」とは、「超自然的なエネルギー、霊的・神的エネルギーとコンタクトを取ることができ、それを活かすことを目的とした術」である。従って、呪術医にとって重要なのは、どんなエネルギー・ソースとつながれるか、という部分である。

「邪悪なエネルギー・ソース」と繋がれば、それは黒魔術になり、反対に「生命にとってプラスの力を持つ霊的・神的エネルギー・ソース」と繋がれば、それは「ホワイト・マジック」「ヒーリング」になる。

 では、ナナ・クワク・ボンサムはC・ロナウドに対して、黒魔術を行ったのだろうか? 

 彼の「4匹の犬を捕まえた」という言葉からは、生贄を使った黒魔術を行ったともとれる。生贄にされてしまった生命の恐怖・怨念自体が「邪悪なエネルギー・ソース」で、他の「邪悪なエネルギー・ソース」とも繋げ易くする。因みに、ナナ・クワク・ボンサムとはガーナ語で「水曜の悪魔」という意味だという。

 ガーナとポルトガルは6月26日のグループ第3戦で対戦することになっている。C・ロナウドの今後はどうなるのか? ガーナ・ポルトガル戦では、もしや他にも何か超自然的な事が起きるのか? ガーナではこの件に関し、医者が「彼にはこの負傷を直す責任がある」など発言。国内からも「ガーナの恥さらし」という発言が挙がるなど、必ずしもガーナ国民全体がナナ・クワム・ボンサムの行為に賛同しているわけではないようだ。
(文=深月ユリア)

fukatukiyuria.jpg

■深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

人気連載
「この春のアナタの運命&運気」がわかるLove Me Doの4択占い! 生活激変、疲れ、悲しみ…!

「この春のアナタの運命&運気」がわかるLove Me Doの4択占い! 生活激変、疲れ、悲しみ…!

■春のあなたの運気予報~2020~ 「あなたが正義のヒー...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。