【太平洋戦争】3日後に蘇生した不死身の日本兵 舩坂弘の最強伝説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

■ランボー顔負け 約1万人の敵兵の中に1人で乗り込む

 この時、米軍指揮所周辺には歩兵6個大隊、戦車1個大隊、砲兵6個中隊や高射機関砲大隊など総勢約1万人が駐屯しており、舩坂はこれら指揮官が指揮所テントに集まる時を狙い、待ち構えていたのである。もはや1万人対1人の肉弾自爆である。瀕死の状態にもかかわらず、手榴弾6発を身体にくくりつけ、拳銃1丁を持って3日間寝ずに這い続け、前哨陣地を突破。4日目には米軍指揮所テント群に20メートルの地点まで潜入していた。

 この時、舩坂が受けた負傷は戦闘初日から数えて大小24カ所に及んでおり、このうち重傷は左大腿部裂傷、左上膊部貫通銃創2カ所、頭部打撲傷、左腹部盲貫銃創の5カ所、さらに右肩捻挫、右足首脱臼といった大ケガを負っていた。また、長い間匍匐(ほふく)していたため、肘や足は服が擦り切れてボロボロになっており、さらに連日の戦闘による火傷と全身20カ所に食い込んだ砲弾の破片によって本来なら動くこともままならない状態であった。

 米軍ジープが続々と司令部に乗り付けるのを見て、右手に安全栓を抜いた手榴弾を握り締め、左手に拳銃を持ち、全力を絞り出し、茂みから立ち上がった。幽鬼かゾンビのようないでたちに、米兵たちも目を疑うほどであったという。


■戦死と判断されるも、3日後に蘇生!?

angaur-hhour-3oct44_gif.jpg

 茂みから出てきた舩坂は米兵によって、頸部を撃たれて昏倒し、戦死と判断される。すでに伝説となっていた舩坂に対し、米軍軍医は、無駄だと思いつつも野戦病院に運び、死体安置所に置いた。この時、軍医は手榴弾と拳銃を握り締めたままの指を一本一本解きほぐしながら、米兵の野次馬に向かって、「これがハラキリだ。日本のサムライだけができる勇敢な死に方だ」と語った。

 ところがである。3日ほどして、舩坂は死体安置所にて息を吹き返し、むっくりと起き上がったのである。これには監視の米兵も恐怖に凍りついたという。もはや敵ながら米軍も舩坂に対し、敬意さえ払うのであった。

 その後、米軍の治療を受けて歩けるまで回復すると、重傷者の病棟の警備が甘いのをいいことに、看守の目を盗んで脱走してしまうのである。そして戦場に散乱する日本兵の遺体から火薬だけ抜き取り、1キロも離れた米軍弾薬庫まで匍匐前進し、爆破してしまうのである。爆破後は来た道を戻り、翌朝の自軍の点呼に何食わぬ顔で参加している。もうここまでくると、舩坂は本当に人間なのか疑わしいほどだ。

 その後、舩坂は再び捕まり、捕虜になる。そして、ペリリュー島捕虜収容所を去り、グアム、ハワイ、サンフランシスコ、テキサスと終戦まで収容所を転々と移動し、1946年に日本に帰国した。


■帰国

 故郷である栃木の実家では、45年12月に舩坂の戦死公報が届けられていたため、誰もが戦死したものと思っていた。ボロボロの軍衣で帰還した実家で、ご先祖に生還の報告をしようと仏壇に合掌したら、そこに真新しい位牌があって、「大勇南海弘院殿鉄武居士」と戒名が書かれていたという。村の人々も、帰ってきた傷だらけの舩坂を見て、これは幽霊に違いないとしばらく噂した。

英霊の絶叫―玉砕島アンガウル戦記 (光人社NF文庫)

読めば不死身の漢(おとこ)になれるかも?

コメント

7:匿名 2017年1月19日 14:43 | 返信

興味深い話でした。動画でもそのままの記事でアップロードされてるんですね。
https://www.youtube.com/watch?v=aSq1Xqkbwfc

6:匿名 2016年5月8日 17:57 | 返信

3日後に蘇ったのは歴史上ただ一人しかいない。
そうか。
彼はキリストだったのか。

5:匿名 2016年4月2日 00:23 | 返信

>> 4

しかしな、戦史叢書に記録されているという事は正式な軍事記録となっている訳で。
否定したいのなら明確なソースを提示してほしいものだね。
実際、やらかした事と未遂の証拠(彼を捕まえた米軍兵)はあるのだから。

4:匿名 2016年2月27日 22:54 | 返信

こんな話を信じてるおめでたい人がいるんだね。すべて船坂本人が言っているだけで、それを裏付ける証拠はもちろん、証言も存在しない。シモ・ヘイヘやユーティライネン兄弟とは違うのですよ。アホなサヨクとアホなネトウヨにはうんざり。

3:匿名 2015年8月16日 02:04 | 返信

こういった戦闘能力の兵士は極稀にも各国にいたのかもしれないなぁ。
現代でも中村頼永氏やルーク・ホロウェイ氏のような才ある方々を見ていると、舩坂氏の当時の凄さを連想しやすい。
ただ、一番強かったのは運(偶然)なんだろうけど。
同じように凄い能力・才能を持った人でもあっけなく戦死した人も多かったんだろうなぁ。
そして舩坂氏の一番凄かったのは戦後だと思う。素晴らしい功績だ。
一方で敵とはいえ、氏が殺めた(互いの国家が殺め合わせた)米兵にも素晴らしい人間がきっといたのだろうと思うと、戦争の不条理と悲惨さを痛感する。

2:匿名 2015年5月16日 11:54 | 返信

ホントこんなスゴイ日本人がいたなんて知らなかったよ〜~サヨクTVはこういった話を全く取り上げない。だから何も知らずにネットで初めて知ってビックリするし、TVは偏った情報しか流さないんだなぁ〜って。

とにかくスゴイ!こんなスゴイ人がいたって事を知らないって自分は( ´・ω・` )

1:匿名 2015年4月24日 22:02 | 返信

日本の映画でいうならモンスターの山田孝之が演じた方ですね。
治癒力が極めて高いから、通常ではあり得ない早さで回復してしまう。

こんな日本人がいたとは知りませんでした!時代が違えば気付くことのない特異だったかもしれませんね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。