英紙「エコノミスト」の表紙に隠された予言 ― ハブられた日本、5月11日に人工地震発生か?

TheEconomist.jpg2015 世界はこうなる』(日経BP社)より

『エコノミスト』という、国際政治と経済を中心に扱う英国の週刊新聞がある。この新聞社は年末になると、来たる年の世界情勢について論じた本『世界はこうなる』シリーズを30年近く出版し続けているが、そこで語られる内容は世界中のリーダーたちも重視しており、翌年の舵取りに役立ててきたとされる。そのため、各国の記者や編集者の間では、今後を予測する上で“極めて重要な”1冊と認識されているのだ。

 さて、昨年末にも『2015 世界はこうなる』(日経BP社)が出版されたが、今回は特に、その表紙が「2015年に世界で起きることを予言しているのではないか」として、様々な憶測を呼んでいることをご存知だろうか? では、問題の表紙を詳しく考察してみることにしよう。


■ビートルズの名盤を意識している!

 まず、『2015 世界はこうなる』の表紙を一目見ただけで、筆者同様に“あの”アルバムを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。そう、ビートルズの最高傑作とも謳われる『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』だ。

SPLHCB.jpg
ビートルズ「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
(ユニバーサルミュージック)より

 1967年にリリースされた『サージェント・ペパーズ』では、4人のメンバーが影響を受けた人々の姿が描かれているとされるが、パラマハンサ・ヨガナンダ師(インドの聖者)や、アレイスター・クロウリー(黒魔術師)の姿も見られる。そして『2015 世界はこうなる』の表紙では、コラージュされた世界各国の指導者の姿が並び、その周囲に様々なものが配置されている。『サージェント・ペパーズ』に倣えば、これは今年の世界情勢に大きな影響を与えるものが示唆されていると判断するのが妥当だろう。


 ところがこの表紙、見つめれば見つめるほど、何らかの隠された意味が込められているのではないかと想像を掻き立てられる、不可思議な点が多々存在するのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ