【閲覧注意】キスするようにハチを貪るカマキリ!! グロすぎる踊り食い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

 昨日6日は、二十四節気でいうところの「啓蟄」。春の暖かさを感じた虫たちが、外に這い出てくる時期とされている。ところが今年の関東では、もう少し気温の低い日が続きそうな雰囲気だ。そこで今回は一足早く、生命に満ち溢れた季節をバッチリ感じることができる(?)、とっておきの昆虫動画を紹介しよう。

動画は「YouTube」より

 草の葉に紛れ、じっと息を潜める1匹のカマキリ。見つめる先には、花にとまって蜜を吸うハチの姿が。そこはもちろんカマキリの射程圏内だ。そして次の瞬間、カマキリは鋭い前脚でハチに飛びかかり、頭から貪りはじめるのだった。

 しかし、その食べ方がとにかくグロい! ハチの頭部を掴み、口をぐにゅぐにゅと動かすカマキリの姿は、まるで無理矢理キスに及んでいるかのようだ。そして、何とか逃げようと脚をジタバタさせるハチ――。これはもう、相手からの強引なキスを必死で拒否する光景そのものではないか。結局、がっちりホールドされてしまったハチには為す術もなく、カマキリと目を合わせたまま、“死のキス”を受け入れるしかなかったようだ。いつの間にか、ハチの頭は消えていた。

 さて、一雨ごとに気温が上がり、間もなく春本番がやってくる。そろそろカマキリの卵も孵化しはじめるだろう。このような光景が、近所の公園でも繰り広げられる日は近い。
(編集部)

こちらは透明なカマキリがハエを貪る様子「YouTube」より
人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2015年3月13日 19:01 | 返信

咀嚼音・・・((((;゜Д゜))))

2:匿名 2015年3月8日 13:03 | 返信

今までSSS級のグロも色々見てきたけど、生きたまま顔から食うってのはやっぱり抵抗あるな…

1:匿名 2015年3月8日 01:36 | 返信

トカナさんや
これミツバチじゃなくてただのアブですわ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。