僕の恋人は美少女シリコン人形 ― 男のうつ病を改善させた人形との甘い生活とは?

 1980年代、「キャベツ畑人形」という人形が流行した。顔や服装によって6,000以上の種類があり、それぞれに名前と誕生日が付いたカードが付けられて送られてくる。本来は子ども向けだったのだが、子どものいない夫婦や老夫婦が購入して我が子のように可愛がるという話をよく聞いた。今回ご紹介する話はその中国版と言ってよいのだろうか――。


■うつ闘病中にネットで見て一目ぼれした“娘”を即購入

 宋渤(ソン・ボー)さんは中国、天津に住むゲームデザイナーだ。数年前に激しい頭痛におそわれ、医者に「くも膜のう腫」と診断され継続的に頭痛に悩まされているという。彼は将来、結婚する事も家族を持つこともできないと考えるようになり、ひどく落ち込み、うつ病になった。

 その後、宋渤さんは家に閉じこもり、ひたすらネットを見る日々だったがある日、オンラインストアで2,200ドル(約26万3,000円)の「ラブ・ドール」を見つけたことで、病が改善し始めたという。この人形はシリコン製で身長は145センチ。大きさとしては小学校高学年くらいだが、重さは20キロと本物の小学生よりはかなり軽い。宋渤さんはその人形をすぐ気に入り購入。名前は「小蝶」と名付けた。

僕の恋人は美少女シリコン人形 ― 男のうつ病を改善させた人形との甘い生活とは?の画像1このニュースを紹介した記事「Oddity Central」より引用

 宋渤さんは小蝶を連れてどこにでも行く。スーパーマーケットはもちろん、レストランや映画にも連れて行き彼女のチケットもちゃんと購入し、食事も二人分注文する。彼女との日常を撮影するのが彼の趣味となり、さまざまな場所で写真を撮影しているが、1枚のショットに最低30分はかけて小蝶のポーズや自然な見え方を決めるという。

 また、145センチと小柄な小蝶のために洋服や靴はすべてネットで買い、時にはオーダーメイドすることもあるという。その努力のおかげか、写真の中の小蝶は生きている女の子のように可愛らしい。宋渤さんは実家に母親と住んでいるが、母親は小蝶の事に文句を言わないそうだ。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

僕の恋人は美少女シリコン人形 ― 男のうつ病を改善させた人形との甘い生活とは?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル