【2016年】巨大原発事故で首都移転、東日本が無人地帯に!? 戦慄の近未来予知夢とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
関連キーワード:

,

,

,

,

■あの“4号機問題”の悪夢が現実化する?

 もっとも、軽水炉の炉心事故にしては、あまりに広範囲すぎる。周知の通り、福島第一の三機の原発は、全電源喪失・冷却不可能になり、核燃料のメルトスルー事故を起こしたが、それでも立ち入り禁止区域は原発周辺に限られている。そう考えると、高濃度の放射性物質がここまで広範囲に撒き散らされる事態は、圧力容器の大爆発以外に考えにくい。しかし、福島第一原発は既事故機であり、第二原発も冷温停止中であるため、ますますその可能性は低い。

 しばらく考えて、ハッとした。これは炉心の事故ではなく、使用済燃料プールの事故ではないのか、と。この推測ならば、被害の大きさに辻褄が合う。

 一時期、人々を恐怖させた、いわゆる「4号機問題」を思い出してほしい。震災時、同機は定期点検中のため、炉心事故は免れたが、その代わり燃料棒はすべて併設の貯蔵プールに収納されていた。その数は1,500本超。当時懸念されたのは、相次ぐ余震で建屋が倒壊したり、プールの壁が壊れたりして、冷却水が流出する事態だ。空気中に露出した燃料集合体は最終的に自燃するという。しかも、貯蔵プールは「むき出し」で、天井も崩壊しており、放射性物質を遮蔽するものがない。よって、大気中に放出されるその量は、格納容器のベントとは比較にならない。チェルノブイリの事故では炉の上部が青天井になり、ヘリコプターから赤黒く燃える核燃料が視認できたというが、ちょうどそれと類似の重大事故になる。しかも、核物質の量は福島原発のほうが断然多いのだ。

 幸い、アメリカまでもが懸念を示したせいか、4号機の貯蔵プールからの燃料集合体の移送は、2014年12月22日をもって完了した。現場の皆さんのご努力には、改めて敬意を表したい。ただ、ここで安心しきってしまうのも危険だ。この件でもっともリスクが高いのは4号機だが、1~3号機も同様の問題を抱えていることに変わりはない。折りしも、最近になって3号機の貯蔵プールの不安定さが漏れ伝わってきた。

 また、福島原発は3・11後も繰り返し余震にさらされている。緊急地震速報の字幕では、よく震源として「中央通り」が表記されたが、これは原発直下に等しい。4年前よりもコンクリートと中の鉄筋がさらに疲労していることは間違いない。その上、不気味なことに最近、筑波大学の研究グループなどが「東北沿岸における地震エネルギーの蓄積が震災前と同レベルに戻った」などと発表している。これは巨大余震の兆候だろう。すると、トリガーとなるのは、またしても東北地方での大地震なのだろうか。


■予知夢を解読した結果、衝撃の未来が……!?

 というわけで、予知夢の警告する巨大災害について、だいたい推理することができたと思う。その結果を、あえて過去形の一文にまとめてみた。

<2016年に流れるであろうニュース>

「2016年9月(±数ヶ月)、東北地方沿岸で再び大地震が発生した。それはすでに疲弊していた福島第一原発3号機のコンクリートに決定的なダメージを与えた。建屋のあちこちに亀裂が走り、一部が崩壊した。不幸なことに、それは使用済燃料の貯蔵プールも例外ではなかった。冷却水が一挙に抜けた。発電所側は流出事故に備えた注水システムを急きょ作動させた。だが、それは穴の開いたバケツに水を注ぎ込むのと同じであった。このような全面的なプールの崩壊は『想定外』だったのだ。やがて、むき出しになった一部の燃料集合体が高熱を発し始めた。そして、燃料棒を被覆しているジルコニウムが水と反応して水素を発生させ始め、ついに注水すらも危険になった。やむなく発電所側は『総員退避!』を指示した。それに伴い、連鎖反応的に他号機の管理も不能になった。大量の放射性物質を含んだ煙が大気中に放出され始め、計測器のメーターが振り切れた。東日本全体がパニックに陥った。政府に設置された緊急対策本部は苦渋の決断を強いられた。総理大臣が臨時声明を発表した。『福島第一原発から半径150km以内を立ち入り禁止とし…』」

 このように、予知夢を解読した結果は、思いのほか恐ろしいものだった。

ThinkstockPhotos-186452788.jpg

 しかも、夫人が予知夢を見るようになったのがコンタクティのトミヒサ氏と結婚して以降ということは、これはエイリアンによって「見せられている」可能性も高いわけだ。つまり、実質「情報源はエイリアン」と言ってよい。彼らなら未来を観るテクノロジーを有していても不思議ではない。ただ、内政不干渉の法則――地球の問題はあくまで地球人が解決せねばならない――があるため、回りくどい警告しかできないのだろう。わざわざ13年9月に3年後の未来の光景を見せたのも「事故機」の暗示の可能性もある。


■対策を考えて、東電に連絡してみたが…

 これを「宇宙からの警告」と受け止めて、なんとか現実の災害防止に生かせないものだろうか。とりあえず、私は東京電力に問い合わせてみた――

関連キーワード

コメント

11:匿名 2017年8月27日 02:13 | 返信

なにこの記事w
もっとIQ高めなのにしてくんない?
突っ込みどころ満載だよー
庶民ナメすぎー

10:人 2017年1月27日 08:57 | 返信

えっ、やべ、2017年人いるんだけどw∠(゚Д゚)

9:匿名 2016年5月16日 02:20 | 返信

穏便に予測して…

東日本大震災の時から
壊れた原発からの放射能は、水にも待機にも漏れ続けている状況な訳で
それらの影響について
政府がようやく真っ当な判断を下した結果、【封鎖&退避】であるという可能性も
あるだろう。

8:匿名 2016年4月9日 16:29 | 返信

宇宙人なんて、どうせ、隠蔽の為の都合の良い口実だろ
宇宙人は未知の存在だから、専門家面した人がそれらしいこといえばみんな宇宙人をその通りに思う
イルミナティ、フリーメイソンの予定を言っただけ、とした方がまだ信ぴょう性あるな
ジョンタイターとこの「トミヒサ氏」のやったことは表現の仕方が違うだけで結局言うことは同じ

7:匿名 2016年3月22日 10:32 | 返信

トミヒサ氏とやらがペテン師だったら??
アタマイかれた老人、最近多いよ。
何たって
「ヒカルランド」の本だからw
東京スポーツレベルで笑っておきます。

6:匿名 2015年9月24日 16:39 | 返信

肝心の証拠はいつもあいまいにする常套手段だが、思考停止のネット住民はすぐにだまされる。

5:匿名 2015年9月13日 15:03 | 返信

ジョンタイターも同じようなことを言ってますね

4:匿名 2015年6月9日 12:24 | 返信

理にかなった分析です

3:匿名 2015年6月9日 09:29 | 返信

十分有り得そうだ
こんなことがあったら日本経済はダメになる
最下層の俺はどうすればいいんだ

2:匿名 2015年6月8日 20:54 | 返信

ジョンタイターを思い出した!

1:匿名 2015年6月8日 20:29 | 返信

怖い!!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。