理解不能!! 狂気の「獣姦事件トップ11」  

4、馬や犬と性交 グラハム・レッドファーン(Graham Redfearn)

 レッドファーン(41歳)が別の罪で英国警察に捕まった時、彼の携帯電話を調べると彼が雌馬、ピットブルテリヤ、ビズラ犬とセックスをしている動画が見つかった。レッドファーンは「ちょっと試してみただけだ。オレはただベッドに寝ていただけで、犬がその他のコトをしたんだよ」と述べているそうだ。

5、飼い犬と性交 シャリ・ナイト(Shari Knight)

 ニュー・メキシコ州アルバカーキに住む女シャリ(53歳)は、ルームメートのベバリー・ブラッドリーさんと暮らしていた。ある日、シャリはブラッドリーさんの飼い犬とセックスをしている場面をブラッドリーさんと彼女の兄に見つかり、その後彼らを毒殺しようとした罪で逮捕された。

6、猫と性交 ライアン・タネンホルト(Ryan Tannenholtz)

 アイダホ州に住むタネンホルト(28歳)は、ファーリー・ファンダム・コミュニティ(The furry fandom community、日本でいうケモナー=2次元の獣、獣人が好きな者、に近いらしい)のメンバーで、犬の着ぐるみを着て猫に性的虐待していたという。彼は自分を「ファー・スーター(動物の着ぐるみ愛好者)」と名乗り、着ぐるみを着た上で動物虐待の写真を撮っていた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ