「中国人はホント大したことねえわ」中国に4本足の奇形蜘蛛が現れるも、なぜか発見者に非難集中!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

,

「黒猫だと思い近付いてみたら、カツラだった」ということがたびたび起きているようだが、人である以上そうした見間違えはしてしまうもの。このたび、中国で発見されたクモは気味悪がられる一方で、発見者に対し非難も集まっている。

 今月4日、福建省福州市に住む周さんは、友人と一緒に寺に遊びに行った。いい大人が友だちと寺で何をして遊ぶのかがそもそもの疑問だが、そこは置いておくとして、到着した周さんは仏殿の門に奇妙なクモを発見した。本来クモは足が8本あるにも関わらず、見つけたクモの足は4本しかなかったのだ! その姿は“×”に見え、クモの巣も同様に“×”。不思議に思った周さんは写真に収め、そして公開した。

spider1251.jpg画像は公開された写真「news.163.com」より

 この奇妙なクモを見た一部の人からは、「8本足より気持ちわりー」「奇形かな」「興味深い」といった声が多く上がった。世紀の発見かと思いきや、「足揃えてるだけだろ」「日本に腐るほどいるじゃねーか」「こんなの珍しがるほうがおかしい」「中国人はホント大したことねえわ」といった非難の声が続く。

 足が4本に見えるクモはコガネグモの仲間で、山やあぜ道などに多く生息する。休憩する際に足を束ねるため、8本ではなく4本に見えるのだ。また、巣が“×”になっているのは、大物の獲物を捕らえるためなのだとか。なお、日本では北海道を除くほとんどの地域で見られ、古くから馴染みのあるクモである。

 見た目から「ガンダムにでてきそう」「エヴァの第○の使徒っぽい」という声や、「Xジャンプ!」「Xファンが喜びそうなフォルム」「Xの次のジャケットはこれでいいよな!」とX JAPANに絡め、いじる声も上がったコガネグモ。とは言え、見間違えも知らないことも誰にでもあるわけだし、周さんのことも寛大な心で許してほしい。ついでに、新種のクモを期待しながらこのページを開いた方は、筆者のことも許してほしい。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

2:匿名 2018年10月5日 18:28 | 返信

大したことのないネット増すゴミ擬き捏造ウヨサイト
てめえのアスペ無能露呈自演コメントで飯を食うとは度し難いチシヨウヨカルト乞食

1:匿名 2018年10月5日 18:24 | 返信

障害者ウヨの捏造サイトになったか
ソース出せよヒトモドキ
てメェの発言をすり替えてるんじゃねえよ嘘吐きキチガイ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。