1時間に2回セックスすることで、男性の生殖能力は3倍になる! 不妊治療界の通説が覆る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

「抜かずに3発」と自慢している下半身の暴れん坊将軍は周りに一人くらいはいるのではないだろうか。射精後の賢者タイムを乗り越えるほどの性欲と精力を兼ね備える男性は、ある意味で男としての強さの一面を持っているとも言えるのかもしれない。

 性風俗界の隠語では「ヌカロク」なる言葉さえ存在するらしいが、この連続して行うセックスは、実は女性の受精率に影響があるという報告がイギリス、ロンドンのノース・ミドルセックス病院からされている。


■1時間のうちに2回目に放出した精子のほうが着床率が高い

 病院の名前までにセックスと入っていると、なんとなく如何わしい感じもしないではないが、ミドルセックスは、れっきとしたイギリスの州の名前であり、今回はエロではなく不妊治療科学のお話である。

 イギリスの「Daily Mail」紙によると、ロンドンのミドルセックス大学付属であるノース・ミドルセックス病院のリサーチ結果において、1時間の間に2回セックスすることは、父親になる可能性を3倍に高めるという結果が報告された。実は、この報告は2度目の報告であるということも重要なポイントである。

 このリサーチは、同病院で精子を直接子宮に注入し着床を促す、子宮内受精タイプ(IUI)の不妊治療を受けていた73組のカップルを追跡調査した結果から導き出されている。低受胎性の精子をもつと診断された男性から1時間のうちに2回精子を採取し、2回目に採取されたサンプルを女性の子宮に直接注入した場合、通常6%とされていた着床確率が、3倍以上である20%に跳ね上がったのである。

 15組は、1度目の注入で着床し妊娠が確認され、さらに10組が2度目の注入で着床し、その後1カ月内に、女性の排卵にタイミングをあわせての3度目の注入で、最終的に34%の成功という結果となった。

人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

人気連載
奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。