ヒラリー・クリントンが超爆弾発言 「エイリアンはすでに地球にいる」

 いよいよ今年の11月に迫った米大統領選――。目下、両党の指名候補をめぐる舌戦が本格化している中、民主党の筆頭候補であるヒラリー・クリントンが、大統領候補として史上初の“公約”を掲げて話題になっている。その公約とは、当選した暁には専門調査団を結成してUFOとエイリアンの真相を究明するというものであった。


■7年越しに記者が耳にしたヒラリーの“UFOマニフェスト”

ヒラリー・クリントンが超爆弾発言 「エイリアンはすでに地球にいる」の画像1ニューハンプシャーを訪れたヒラリー・クリントン 「IBT」より

 各州での予備選に備え、出馬した候補が各地で演説や討論会を開いている中、2015年12月29日にヒラリー・クリントンはニューハンプシャー州で選挙キャンペーンを行っていた。その後、ヒラリーは地方紙「The Conway Daily Sun」のオフィスを訪れ、記者たちに外交政策と経済政策についてのスタンスを語っている。あらゆる質問に応えていたヒラリーだったが、そこで思いがけない質問が記者から投げかけられることになる。それはUFOに関する質問であった。

私はその(UFOについての)真相を究明したいですね」(ヒラリー・クリントン)

 2012年にリビア・ベンガジで起ったアメリカ在外公館襲撃事件などのシリアスな話にも言及していた後ではあったが、ヒラリーは冷静に回答したということだ。実はこの質問をしたデイモンド・ステア記者は、7年前にもニューヨーク州上院議員だったヒラリーにUFOに関する質問をしていたのだ。それというのも2007年当時、ヒラリーは前大統領のビル・クリントン共々、政府に対し秘密文書の公開を主張しており、その中にはUFOに関する極秘文書の開示請求も含まれていたからである。

 7年前のことを思い出したステア記者は、思わず今回も似たような質問をしてしまったわけだが、ヒラリーは決して戸惑うことなく見解を述べたのだった。大統領候補の選挙戦でUFOに関することが論じられるのは、史上初めてのことであると「Huffington Post」は報じている。

ヒラリー・クリントンが超爆弾発言 「エイリアンはすでに地球にいる」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル