こんなに美しいのに“オゾン層を破壊する”空模様 ― 真珠母雲の恐怖とは?=イギリス


■真珠母雲の「裏の顔」とは?

motherofpearl4.JPGDaily Mail」より

 さて外観は非常に美しい雲だが、この雲にはもう1つの顔がある。

 真珠母雲とオゾン層は共に非常に高度な上空に位置している。大気圏では、高度が高くなるほど紫外線が強いため、フロンやハロンが紫外線によって分解される塩素原子の量が高度とともに増える。そして、たった1つの塩素原子は何千ものオゾン分子を破壊する力を持つ。そこで、この雲の表層はオゾン分子を破壊する化学反応を起こす格好の場所を提供し、極地にオゾンホールを発生させる可能性があると考えられているのだ。

 オゾン層がわずかに減少しただけでも、地上の人間の皮膚がんや眼球損傷の発生リスクが増えるという調査結果もある。この真珠母雲は、オゾン減少の仕組みを調べる上での重要な研究対象にもなっている。

 空に描かれた油絵のような真珠母雲だが、残念ながら日本では見られない。ここ数十年でフロン類の化学物質は急激に減り、オゾン層破壊の危険性は減少しているという、うれしい調査報告もある。環境問題を考えずに、のんびりとこの雲を楽しめる日が来ることを願いたい。
(文=三橋ココ)

参考:「Daily Mail」ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ