【衝撃動画】プーチン大統領の地元にUFO出現! ロシア政府と宇宙人の“蜜月関係”を示す証拠か!?

関連キーワード:

,

,

,

0331ufo.jpg画像は「YouTube」より引用

 28日、1本のUFO映像が動画サイト「YouTube」にアップロードされた。一般人が皆カメラを持ち、動画編集ソフトも簡単に手にすることができるこのご時世、ただUFOを映したものでは話題にならないことも多い。しかし、今回の動画はUFO研究家の興味を強くひきつけた。なぜなら、撮影された場所がロシアのプーチン大統領のお膝元であったからだ。


■プーチン大統領の故郷サンクトペテルブルクに現れたUFO

 UFOが撮影されたのは、プーチン大統領出生の地であるサンクトペテルブルクだ。映像では、飛行機が横切ったその下あたりに、ぼんやりとした光が浮かんでいる様子がとらえられている。ズームインすると3つの光が三角形を形成しながら脈動しているのがわかり、数十秒間の撮影でその位置は変わらなかった。このことから、このUFOは一つの場所にとどまっていることが確認できる。

0331ufo3.jpg画像は「Wikipedia」より引用

 毎度おなじみのUFO研究家スコット・ウェアリング氏はこのUFOについて、「『TR-3B』に似ている」と自身のサイトで語っている。TR-3Bは米国のステルス戦闘機だと噂されている機体だが、米軍から公表されたデータがないため詳細は不明である。一説によれば反重力機構を搭載しており、地球上に存在しない技術が使われている可能性もあるという。

 今回のUFOがTR-3Bだとすれば、それは、ロシアが宇宙人と関係を持って卓越した技術を手にしたことを意味すると、ウェアリング氏は話す。つまり、米国の戦闘機といわれているTR-3Bは、宇宙人の技術が使われた機体だということだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ