【アイドル滅多刺し】首や顔を重点的に、辺りは血の海… 岩埼容疑者のヤバすぎる過去も判明!

関連キーワード:

,

tomimayu1.jpgYouTubeより

「辺りは一面血の海。周囲に人も大勢いましたが、メッタ刺しにされるのを、ただただボー然と見ているしかありませんでした」。人間、眼前で〝とてつもないこと〟が起きると、ヘビに睨まれたカエルのように身動きが取れなくなるようだ。アイドル歌手として活動をしていた冨田真由さん(20)が、ファン男性に全身20箇所以上を刺された事件。傷害容疑で逮捕されたのは住所、職業不詳の自称・岩埼友宏容疑者(27)だ。同容疑者は悠然と冨田さんに近付き、持っていた刃物でいきなり首筋を狙った。周囲は何が起きているのかわからず、立ち尽くすのみ。その後も犯人は冨田さんの首、顔を重点的に20数箇所をメッタ刺しにし、コトが終わると「俺がやった!俺がやった!」と雄たけびを上げていたという。逮捕された岩埼容疑者は冨田さんのファンで、警察の取調べに「プレゼントを贈ったが、送り返された。問いただしても曖昧な答えをされたのでカッとなって刺した」と供述しているという。


 冨田さんは2011年に少女漫画やドラマを元に結成された期間限定アイドルグループ「シークレットガールズ」の一員としてデビュー。テレビ朝日系「仮面ライダーフォーゼ」に出演経験もある。現在大学3年生で、最近は年に数回、都内のライブハウスやレストランバーでライブを開催していたという。

 岩埼容疑者とは数回面識があり、ツイッターなどでやりとりしていたが、徐々に同容疑者の言動がエスカレート。腕時計をプレゼントされ「時計を送りました、この意味分かりますよね(意味深)」と一方的に〝交際宣言〟されたり、ニット帽や本が届けられるようになった。恐怖を感じた冨田さんが無反応になると、同容疑者の書き込みは「4月はライブしないんですかー 返して貰うもんもあるし、行かなきゃなーって思ってるよ」「死ねないから仕方なく生きてる。なんも楽しくない」など病的なモノに…。冨田さんは腕時計や本を返品し、岩埼容疑者をブロック。これに逆上した同容疑者が犯行を決意したと思われる。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ