中国には256歳まで生きた男が実在した! 結婚23回、子ども200人以上… “超”長寿の秘訣とは!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 本記事の配信時点(2016年5月25日)において存命する世界最高齢の人物は、イタリアのヴェルバーニアに暮らすエマ・モラーノさん、116歳だと考えられている。そして、ギネス世界記録で認定された長寿記録、歴代第1位はフランス人のジャンヌ・カルマンさん。彼女は1875年に生まれて1997年に死去したため、実に122歳という大往生だったことになる。しかし、これはあくまでもメディアや認定機関によって把握されている記録にすぎず、歴史上もっと長生きの(もしくは長生きだった)人がいる可能性を否定することはできないはずだ。

 実は日本の隣国・中国において、ギネス記録の2倍以上となる256歳まで生きていたとされる男性がいることをご存知だろうか? しかも、それは伝説の存在などではなく、公式記録が残されている実在の人物なのだ。200歳超えなど常人には到底不可能にも思えるが、彼は仙人だったのかといえば、決してそうではない。果たして256歳まで生きた人物の“超”長寿の秘訣は何だったのか? 詳細についてお伝えしよう。


256yo_2.jpg画像は「Wikipedia」より引用

■清朝時代の公文書に仰天の記載!

 256歳まで生きた男性、その名を李青曇(り・せいどん)さんという。彼の存在が一躍注目されるキッカケとなったのは、1930年の米紙「ニューヨーク・タイムズ」の記事だった。当時、中国に派遣されていた特派員の報告によると、成都大学の教員が発見した清朝時代の公文書に「1827年、李青曇が150歳の誕生日を祝った。1877年には200歳の誕生日を祝った」と記述されていたというのだ。

 これが正しければ、李青曇は1677年に生まれたことになる。しかし、取材を進めた特派員は、さらに驚くべき事実にたどり着く。なんと1930年当時、1677年生まれの李青曇が存命しているとの情報を得たのだ。そして“超”長寿人間・李青曇さんの素顔が、次第に明らかになってきたのだった。


■23回結婚し、200人以上の子どもまで!

 1677年、四川省に生まれた李青曇さんは、10歳で漢方医となった。日々山中を歩きまわり薬草集めに勤しむうち、彼は自らが採取する薬草に長寿の効能があることを確信するようになる。そして、霊芝(キノコの一種)やクコの実、朝鮮人参、ルドクダミ、ツボクサ、米酒だけを口にする生活を40年以上にわたり継続。その間には、薬草を求めて現在の甘粛省、山西省、チベット、ベトナム、タイ、満州にまで足を運んだこともあったという。1749年、71歳の時には武道の師範として軍隊に招かれており、格闘家としても優秀な男だったようだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ