韓国・モラン市場、クポ市場に潜入

犬鍋の臭いは“犬をハグしたときのアノ臭い”だった…。実際に韓国で見た“食用犬”の凄惨な末路と味とは?

関連キーワード:

,

,

,

,

■犬鍋から漂うあの臭い

 ひとしきり市場を楽しんだ後、併設されている犬料理の食堂に入る。
 
 入り口で出迎えてくれたのは、耳が紫色に染められたマルチーズだった。犬料理屋のマスコットが小型犬って……ものすごく趣味が悪い。見たところ、家族で経営している食堂のようで、お父さんらしい人が注文を取りに来てくれた。

 もっともオーソドックスな犬肉の食べ方である、「犬鍋」(1人前10000ウォン/約1000円)を注文。韓国の料理の中では少し高い。筋肉と内臓をぶつ切りにして辛く煮込んだ、料理は見た目はよくある韓国料理で、とても美味しそうだ。

犬鍋の臭いは犬をハグしたときのアノ臭いだった…。実際に韓国で見た食用犬の凄惨な末路と味とは?の画像3こちらが「犬鍋」。

 思わぬ“ご馳走感”に、喜んで口に運ぶと……

 いかん、犬の臭いがする。

 これは、犬をハグした時の臭いである。小学生の頃に飼っていた犬のことを思い出して、悲しい気持ちになってきた。

■バラバラ死体を目の前に檻に入れられた犬

犬鍋の臭いは犬をハグしたときのアノ臭いだった…。実際に韓国で見た食用犬の凄惨な末路と味とは?の画像4

 あまりの衝撃に、「これ以上、犬はいいや……」と思ったのも束の間。韓国南部の釜山にある、「クポ市場」に足を運ぶと、再び遭遇してしまった。

 クポ市場はモラン市場と違い、1年中開かれている市場だ。こちらも巨大な市場で、魚、肉、野菜、日用品、服、が大量に売られている。観光客に限らず、地元の人たちでもにぎわっている。

 そのクポ市場の一角に、檻に入った犬が並んでいた。パッと見は、モラン市場とあまり変わりないのだが、肉のディスプレイの仕方がかなりひどい。まだ生きている犬を入れた檻の前に、バラバラにした犬肉を置いているのだ。

 目の前にある仲間のバラバラ死体。人間だったら、気が狂ってしまうような状況である。デリカシーがないにもほどがある。

 しかも、その犬たちがどう捌かれるかといえば……一旦シメて内臓が抜かれた犬の開きを、おばさんたちが、包丁でガッツンガッツン切っていく。井戸端会議をしながらの作業だ。

今あるがんに勝つ! 手づくり犬ごはん

この流れで見ると、いろいろ思うところが…

人気連載
西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に様々...

人気連載
あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

■モテない理由 「公園で、子どもたちが何かを見て『仲良し...

犬鍋の臭いは“犬をハグしたときのアノ臭い”だった…。実際に韓国で見た“食用犬”の凄惨な末路と味とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル