全裸義父と対面した婚約者は…!? 世界中に点在する「全裸家族」の実態とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■その名は「裸の庭師」! 観光名所も全裸で歩く!

nakedparents2.JPG自慢の庭園で微笑むイアンさんとバーバラさん。きわどいショットだ 「Telegraph」の記事より

 2組目はイギリス南西部のウィルトシャー州にある16世紀に建設された歴史ある屋敷に住む夫婦、イアンさんとバーバラさんだ。1994年に住み始めてから1996年には広大な土地を見事な庭園に作り上げ有料で一般に開放し、現在ではウェディングやその他のイベントでも頻繁に利用されている。その後、夫妻は「裸の庭師」として多数のメディアに取り上げられてイギリスでは有名人となった。自身を「ナチュラリスト=自然派志向」と称している彼らには成人した娘と16歳の息子、そして10歳の娘がいる。

 両親について、16歳のルーファス君と10歳のキアンちゃんは概ね肯定的だ。ルーファス君に関しては、バンドの練習に家へやってくる仲間たちに全裸で食事を振舞う両親の姿は、友人たちとの間に多少の気まずさは残るものの、彼らも慣れてきてはいるようだ。しかし友人の1人は「お父さんは同じ男だからまだ理解できるけど、お母さんが全裸だとちょっと戸惑ってしまう」と苦笑いだ。

nakedparents3.JPG3人の少年の真ん中にいるのが息子のルーファス君。シュールな場面だ 画像は「Barcroft TV」より

 キアンちゃんは学校で両親が全裸であることをからかわれるそうだが、それについては「そうよ。裸の何が悪いの?」としか思わないのだという。また、物心ついた頃から両親の裸を見て育ったせいか抵抗は全くなく、取りも直さず問題はないと思っているようだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。