「あの夜が人生を大きく変えた」『クレイジージャーニー』出演・丸山ゴンザレスに聞く、アジア諸国の変化

DSC_0014444.jpg

—-今タイに行っても、当時の丸山さんのような体験ができるでしょうか。

丸山 今、タイは先進国になろうと動いているので、バンコク=風俗の街というイメージは薄れてきています。パッポン、タニヤ、ソイカウボーイ、ナナプラーザ……、僕が若かった頃に栄えていた色街も時代遅れや古臭いとか、外国人のオッサンたちが集まる街って感じに評価もかわっています。時々、「タイなんてパッポンにタイ料理、マッサージで終わりでしょ」とか、ステレオタイプのイメージを言う人がいますが、それはもう10年前の話です。「この人は最近行ってないんだな」と思います。

–丸山さんが「罰当たり」旅行をしていた頃とはずいぶん変わったんですね。

丸山 旅行記を書いた2005年と比べると、本当に大きく変わった感じがします。到着する空港もドンムアン空港からスワンナプーム空港に変わったし、エアポートリンクができて空港からタクシーに乗らずに街中に行けるし、高架鉄道や地下鉄もできました。旅に来る人種も、昔は欧米人や日本人が多かったけど、今は韓国人や中国人、東南アジアの人たちが増えていますね。

–いま、当時のタイのような街はどこになるんでしょうか。

丸山 ラオスやカンボジアですね。次はミャンマーと言われています。でも、多くの旅人が、あの頃のバンコクを探している感じはありますね。カオサンで飲んでいると、あっというまに日本人や外国人旅行者の集団ができあがって、パーティーになって飲み明かす。その日、あの場所でしか出会えない連中が騒いで散っていって……。そういうことを繰り返せる場所は、もうないんじゃないでしょうか。『アジア「罰当たり」旅行』は、あの頃の熱狂を閉じ込めた記録のような本だと思っています。

【丸山ゴンザレス/インタビュー一覧はコチラ

●丸山ゴンザレス
1977年、宮城県生まれ。考古学者崩れの犯罪ジャーナリスト・編集者。國學院大學大学院修了。無職、日雇い労働などからの出版社勤務を経て独立。現在は国内外の裏社会や危険地帯の取材を続ける。國學院大學学術資料センター共同研究員。著書に『アジア親日の履歴書』(辰巳出版)。筆名で、丸山佑介もあり著作として『図解 裏社会のカラクリ』(彩図社)、『悪の境界線』(文庫ぎんが堂)、『ブラック・マネジメント』(双葉社)、『闇社会犯罪 日本人vs外国人 ―悪い奴ほどグローバル』(さくら舎)などがある。人気番組「クレイジージャーニー」(TBSテレビ系)に危険地帯ジャーナリストとして出演中。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ